代々木上原は女が37歳になると選ぶ街だった

この街は、「心の健康な女性」が多い

37歳の女が選び、住む街・代々木上原
生まれた街から、就職を機に越してきた綾。秋田の国立大学を出た綾が、地方銀行を強く勧める親をなんとか説き伏せて東京の某アパレル企業の総合職として就職。三軒茶屋、恵比寿に住んだ綾は、その後、外資系に転職し、お給料は700万円に。一流な女を目指して上質な暮らしをするため、銀座に引っ越した。その後、34歳で結婚し豊洲に移り住んだ綾の、さらに3年後のお話……

 

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

森高千里さんが出演されているCMが最近流れてますよね。「私がおばさんになっても」なんて歌いながら、若いころと変わらず、いえ、マイルドな女らしさにあふれている彼女は、若い頃より魅力的です。

そりゃそうですよ。江口洋介さんが旦那さんで、仲睦まじいお二人は、時々デートにいくそうですよ。週刊誌で見ました。お会計は、彼のお財布を預かって彼女が払ってるって。愛されて幸せな女は、おばさん化しないんだなって、彼女を見ているとつくづく思います。

じゃあ、愛されていない女はどうなるのでしょう……?

私、37歳になったんです。子供の頃、37歳なんておばさんだと思っていました。10個も上の、森高千里はあんなに美しく輝いているのに、私は、どうでしょうか? おばさんになったのでしょうか?

フェミニストの皮を被った亭主関白夫の化けの皮

商社の人って、結構亭主関白な人が多いみたいですね。もう少し先進的でフェミニストかと思っていたのですが、結婚した途端、家事や洗濯を求めるんです。もちろん、言葉には出しませんよ。教養のある男性なら、それがいかに時代遅れなことかってわかっていますから。ただ、ひしひしと伝わってくる無言の圧力っていうんでしょうか?

今まで一人で暮らしてたはずだから自分で全部できるはずなのにですよ。夜疲れて帰ってきて、開口一番「ごはんは?」って言われた時は、途方もない脱力感に襲われますね。それでいて、時々思いついたように、果物をむいてくれたり、良い旦那アピールをするんです。でも、切った皮はまな板におきっぱなし。洗い物増えるだけだから触れてくれるなって心の中でイラっとするんですよね。

次ページ負担は変わらない。でも、私だけマイナスになった結婚
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT