フランス女性の「食事観」は日本人と全く違う 食事も弁当もシンプルさを優先

✎ 1〜 ✎ 67 ✎ 68 ✎ 69 ✎ 最新
拡大
縮小
市内のあちこちにあるマルシェ(市場)には、観光客だけでなく住民も買い出しに来る。素材が新鮮でよいものなら、簡単な調理でおいしくいただける。
働いている主婦が多いフランス事情を探ってきたが、今回は家庭の食事にスポットを当てる。日本でも、多くの主婦が日々の食事の用意に追われているが、家庭料理はシンプルでおいしいのが何よりだ。

 

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

フランス料理というと、こってりしたソースにフォアグラやトリュフといった豪華なイメージが思い浮かぶ。しかし、家庭の普段の食事は、意外なほど簡素だ。フランス女性が家庭と仕事を両立できる背景には、そんな食卓事情も関係している。

フランスの朝食といえば、焼きたてのクロワッサンが有名かもしれない。確かに焼きたてはおいしいが、毎朝パン屋に買いに行くのは面倒だ。おまけに、若干値段が高い。

そこで、フランスの朝の食卓で重宝するのが、スーパーで売っている袋入りのパンやクレープ、箱入りのシリアル。子どもはココア、大人はカフェオレを飲んだり、カップに入ったヨーグルトを食べたりもする。用意は簡単、洗いものも少なくて済む。

火を使わなくともリッチな夕食を楽しめる

昼をしっかりとれば、夕食をキッシュとスープで済ませるのもいい。チーズの種類は多く、毎日食べても飽きない

昼、幼稚園や学校へ通う子どもはたいてい給食をとる。前菜、メイン、デザートのあるきちんとした食事だ。公立の場合、所得により給食費の減免もある。

公立校では、玄関の脇に1週間の献立表が掲示されていた。曜日ごとに夕食のメニュー案も併記されている。フルコースの給食とは対照的に、「キッシュとスープ」といったあっさりした料理名が並ぶ。フランスではかつて、1日の食事の中心は昼食だった。給食に関しては、伝統的な考えを踏襲しているようだった。

昼食をたっぷりとり、夕食は簡単でいいとなれば、働く親はありがたい。キッシュは総菜店でもスーパーでも手に入るし、冷凍食品もある。スープも、冷蔵や冷凍の多種多様な既製品がある。日本ではあまり見かけないが、フランスにはチェーン展開している冷凍食品の専門店があり、品ぞろえが豊富なこともあって、利用する人が多い。

次ページ平日は簡素だが、週末になると……
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT