セレブたちが愛する「非常識なお茶」の秘密

従業員11人の日本の会社が起こした奇跡

非常識なやり方で大躍進した、ロイヤルブルーティーを知っていますか?

ワインボトルに入ったお茶を飲んだことがありますか?

私が経営するロイヤルブルーティージャパンは、お茶を開発・製造販売する、従業員11人の小さな会社です。2006年に創業したばかりですが、「手摘み茶葉から水出ししたお茶を、ワインボトルに詰めて販売する」という、ある意味、非常識なやり方を採用しています。

このお茶が今、さまざまな国際イベントや晩さん会でウェルカムドリンクとして、あるいは振る舞い茶として使われています。たとえば、

・天皇皇后両陛下がご臨席された全国植樹祭レセプション

・APEC(アジア太平洋経済協力)横浜

・アウン・サン・スー・チー氏来日の際の晩餐会

などです。また、日本航空の国際線ファーストクラス全便、そして外務省の国賓級贈答品としてご用命いただいています。

価格は数千円から数万円まで。農林水産祭で天皇杯を受賞した極上の手摘み茶を使った「MASA Super premium」は、1本30万円。ワインの世界であれば、数百万円もするものまで存在しますが、お茶の世界では非常に珍しいと言えると思います。それでも、過去10本を作って、そのうち5本をお買い求めいただいています。

2006年の創業から、事業が黒字になるには7年の年月を要しました。現在、安定成長期に入り、ようやく市場に認めていただいたと思っています。

新しいブランドをブランドとして確立するためには、10年かかると言われています。創業から10年足らずの小さな会社にしては上出来かと思いますが、おそらく、わが社のマーケティング・ブランディングにカギがあったのではないかと考えています。ポイントを3点に絞り、ご説明したいと思います。

有名人のインフルエンサーはいらない

自分の会社や店がどの客層をターゲットにするべきか。これは、最初に考えておく必要がある、大事なブランド戦略です。

幅広い客層に受け入れてもらうことが、大ヒットやブームにつながる。そう考えてしまうかもしれませんが、これはもっとも陥りやすい間違いです。

次ページ「広げる」のではなく「絞り込む」戦略
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。