これが一流と呼ばれるホテルの共通点だ

基本ができなきゃホテルの意味がない

マンハッタンにあるベンジャミン・ホテルでは、宿泊客それぞれに合った枕の提供サービスを行っている。写真(左から2番目)はアドバイスを行う睡眠コンサルタントのレベッカ・ロビンス(写真:Shin Woong-jae/The New York Times)

ジェレミー・ジョーンズは、ホテルには泊まり慣れていると自負している。化学技師である彼は出張が多く、また妻のアンジーとともに世界中を旅しているからだ。2人は旅の様子をブログにも書き記している。

だが、アメリカのインディアナポリスにあるコンラッド・ホテルに2泊した時には、ジェレミーでさえ初めてのものがあり、それを試してみようと思った。自分に合った枕を選べる「枕メニュー」だ。

コンラッド・ホテルは、宿泊客それぞれの眠りに合わせられるよう、硬さや形が異なるさまざまな枕を揃えていた。ジェレミーは水枕を選び、妻はサポート枕を選んだ。2人は驚くほどよく眠れ、2泊目もよく眠ることができた。そこで、ピッツバーグにある自宅に帰ると、コンラッド・ホテルで使ったのと似た枕を購入した。

アロマオイルや特製マットレスでよい眠りを

枕を選べるのは、高級ホテルではそれほど新しいサービスではない。だが、この例からわかるのは、ホテルが宿泊客の眠りの質を高めようとしていることだ。

JWマリオット・ホテルは、2013年に「ナイトリー・リフレッシュ・プログラム」を立ち上げた。到着した宿泊客がリラックスし、ぐっすりと眠れるようにするためだ。同社のサービスはベッドだけに留まらず、体をリラックスさせる効果を狙って、アロマオイルの調合やさまざまな風味のチョコレートの提供などに及んでいる。マンハッタンにあるペニンシュラ・ホテルは、創業110年のロンドンのベッド・メーカー、サヴォア・ベッドが製造する手作りのマットレスを使っている。

スターウッド・ホテル・チェーンの一部のホテルでは、宿泊客がより良い眠りを得られるようなメニューを開発した。また、同社のコネティカット州スタンフォードにある本社には、新しいアイデアを試すコンセプトルームが設けられている。たとえば、夜でも室内が見える照明付き床タイルや、スマートフォンで照明やテレビなどをコントロールできるシステム、長旅の後で体内時計をリセットできるような特殊な照明などだ。

次ページ睡眠コンサルタントのいるホテルも登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。