実録!ニューヨーカーはこうして恋人を探す

映画のようなロマンチックな出会いはない

ムード満点なニューヨークでは、ロマンチックな恋愛が似合う……が、現実は厳しいモノでした(写真 : wavebreakmedia / PIXTA)

12月に入ってニューヨークの街も一気にクリスマスムード一色になりました。ロックフェラーセンターの大きなクリスマスツリーにスケートリンク、街角で歌う聖歌隊――この時期のニューヨークはめちゃくちゃムード満点。さぞやロマンチックな恋愛している人も多かろう、と想像するかと思います。が、こんなのは映画やドラマの話。実は、現実はとても厳しいんです。

アメリカの女性たちにとって恋愛観の大きなターニングポイントとなったのは1990年代前半に始まった「Sex and the City」。恋愛コラムニストのキャリーや、性に奔放なサマンサなど、都会でオシャレに暮らす30代女性の恋愛事情を描いたこのドラマは社会現象になるほどで、全米の女性たちが「キャリーになりたい!ミスター・ビッグに出会いたい!」と言ってニューヨークに大挙してやってきた、と言っても過言ではありません。

恋愛が成り立たない!むごすぎる現実

ところが、彼女たちを待っていたのは、むごすぎる現実でした。まず、ニューヨークに住んでいる男性たちは、ほかの都市に暮らすタイプとまるで違います。「成功したい」「お金を稼ぎたい」と大きな希望(野望?)を持って全米、いや、世界中から集まってくるため、恋愛がプライオリティではない場合が多いのです。

一方、アメリカの女性の多くは、日本人のように男性にモテる服装をしたり、習い事をしたりはしません。私は私。それを受け入れてくれる男性じゃなきゃイヤ!という姿勢を崩しません。真剣交際への関心が低い男性と、自分を受け入れてくれる男性以外は受け入れたくない女性。これでは恋愛が成り立つはずがありません。

また、ニューヨークはゲイやレズビアンの人たちが多く住むため、かねてストレートの男女の出会いが少ないとの「都市伝説」もあります。とりわけ、独身男性の数が少ないとされ、一説には「独身男性一人に対して、トラック一台分の独身女性がいる」と言われるほど。

そんな話しもあながちウソではないと思える今日この頃。たとえば、私の友人で出版社に務めるカレン(仮名)。30代前半の彼女はデミ・ムーア似のクールビューティかつ才女で、女性の私から見てもあこがれの存在ですが、ここ2年ほど彼氏がいませんでした。

次ページ恋人が見つからないカレンがとった行動
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。