実録!ニューヨーカーはこうして恋人を探す

映画のようなロマンチックな出会いはない

「仕事は楽しくてやりがいがあるけれど、出会いの機会がまったくない!」が口癖で、実際自宅と仕事場を往復するだけの毎日。しかも、所属する児童書部門は既婚者かゲイの男性だけしかいないというから、本当に出会いがありません。「ニューヨークってこんなに広いのに、どうしてゲイばかりなの!?イケメンがこんなにそろっているのに、付き合えないなんて不公平だ」と嘆き続けていました。

そこで彼女はどうしたか。何と、元カレとよりを戻したのです。カレン曰く「こんな都会で、一人で生きていくのはつらい。だったら元カレと一緒にいるほうがまし」。合理的すぎないか?と思われるかも知れませんが、これも一つの生き方です。

一夜限りの恋愛に走る男性たち

合理的、と言えば、ニューヨークで少なくないのが、One Night Stand(=一夜限りの恋愛)です。後腐れのない、One Night Standで自分を癒やしているニューヨーカーは私の周りにも少なくありません。

知人のデイビッド(仮名、30代)は、バリバリのビジネスマンで、将来的には独立を考えているやり手。ただそれゆえ、毎日朝から晩まで仕事ずくめで、恋愛する余裕も暇もない。当然ストレスも溜まります。「だから発散するためには女性が必要なんだよな~」と飲みに行くたびに話す彼ですが、仕事場の女性と関係を持つと後々面倒になるとのことで、外で「恋愛相手」を探すそうです。「キレイすぎるとプライドが高いから面倒。そこそこでもいいから、多くの人種と付き合いたい」と臆面もなく言い放つので、こちらも少しイライラ……。

ところで、ニューヨーカーたちは、こうしたデート相手をどこで見つけているのでしょうか。男性の場合は、古典的ですがナンパが多いようです。実際、私の友人のジェーン(仮名)はウォール街に向かう地下鉄の中でビジネスマンと世間話をしていたところ、そのままの流れで「この後、食事に誘いたいんだけど、どうかな?」と攻め込まれたそう。満員の通勤電車で公然のナンパ!でも、アメリカ人女性は自信に満ちている男性が大好きなので、この大胆な行動は吉と出て、二人は付き合い始めました。

一方、今の時代人気なのはオンラインでの出会い。私の周りを見ても、使っていない人がいなくいらい誰でも利用しています。面白いのは年齢や性的嗜好などによって、使っているアプリが少しずつ違っていて、たとえばゲイやレズビアンの人たちに人気なのが、Grinder(グラインダー)。スマホのGPS機能を使って「今相手を探しています」というメッセージを送ると、近くにいる人が連絡できるという、かなり肉食的な恋愛アプリ。ニューヨークではとても人気が高いんです。

次ページイケメン男性が日本人女性に放った衝撃の一言
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。