実録!ニューヨーカーはこうして恋人を探す

映画のようなロマンチックな出会いはない

一方、20代の男女から支持を得ているのは、Tinder(ティンダー)というカジュアルな出会い系アプリ。グラインダーのような直接的な目的ではなく、友達感覚で自分の好みの人を探せます。こちらも、GPSを利用したサービスで、一定の距離内にいる利用者の写真をスクロールし、好みの相手がいたら「いいね!」することが可能(スマホで右にスワイプします)。相手も「いいね!」をしてくれれば、はれてやり取りができるという仕組みです。

また、ニューヨークという多国籍・他人種な土地柄、特定の国籍や人種に特化した出会い系アプリやサービスもあります。たとえば、アジア人女性限定とアメリカ人男性など、かなり「絞った」お相手探しができるわけです。

アメリカ人男性が日本人女性を選んだワケ

私の友人のユミコ(仮名)は、日本人女性とアメリカ人男性限定の婚活イベントに参加しました。彼女が参加したときは、白人、黒人、アジア人男性と人種もさまざまで、年齢も下は35歳から上は60歳までそろっていたそう。

参加者総勢20名。レストランで行われた小さな会で、彼女は白人男性と出会い、その後めでたく交際開始。しばらく経って、イケメンの彼がなぜ、わざわざイベントに出たのか尋ねると、「これまで付き合ってきたのは中身のない女性ばかり。家庭を築くには見た目ではなく、アジア人のように働き者で頭のよい女性が自分似合っていると気がついた」との答え。「じゃぁ、私の見た目は関係ないのか!?」とも思ったそうですが、その後結婚し、今ではかわいい子供にも恵まれており、これも笑い話となっています。

日本でも都会に住んでいれば、ニューヨークと大きく状況は変わらないでしょう。「忙しくて出会いがない!」という悩みは万国共通だと思います。ただ、待っていても恋愛は向こうからやってきません。そうであれば、ニューヨークの男女のように、アプリや婚活イベントを利用して、積極的に「求める」のもありかもしれません。出会ってダメならくよくよせず次に進む。恋愛でもビジネスでも、行動的にそして前向きにいきましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT