注目!「ダイエット目的」の運動を続けるコツ

日常的な運動習慣が体と心を変える

日常的に運動を続けるコツは?(写真:Kzenon / PIXTA)

春になると、ニューヨークで一気に増える活動があります。それは運動です。正月明けに運動する人が急に増えるものの、マイナス10度になる日もある極寒の地で運動を続けられる奇特な人は少なく、スポーツ熱も人々のテンションも急降下。太陽が恋しいこの間、多くのニューヨーカーが何を摂取するかというと、それは精神安定には欠かせないとされる「ビタミンD」の錠剤です。

そして、いよいよ暖かい日差しがさすようになってくると、ニューヨーカーに再びスイッチが入ります。彼らの目的は、「冬眠中」に蓄えたぜい肉を落とすだけでなく、運動を通じて心を鍛えることです。

ニューヨーカーがはまっている、2大エクササイズ。それはヨガとランニングです。緑豊かでとにかく広いマンハッタンのセントラルパークや、ブルックリンのプロスペクトパークは運動にはもってこいの場所(ちなみに、セントラルパークのランニングコースは1周約10キロメートルあります!)週末ともなれば、ランナーたちで埋め尽くされ、走るのにも渋滞するほどです。マンハッタンに住む友人の1人は、「申し訳ないけど、土日にセントラルパークに来る観光客には辟易する。こっちがランニングしているのに、平気でランニングレーンに入ってくるんだもん。運動になりゃしない」と漏らしています。

デブだった私がある日運動に目覚めた

この連載の過去記事はこちら

かく言う私も、日常的に運動をしている1人です。実は私、ベジタリアンにもかかわらず、一時期はかなりの「デブ」でした。20代で憧れの米国に留学したものの、食生活の変化やストレスで20キロも体重が増えてしまい、友人からは「1970年代のエルトン・ジョン」やら「ジャイ子」やら、さんざんなニックネームをつけられていました。その後も、国際結婚と離婚を経験する中、体重の激減とリバウンドを繰り返していました。

次ページ激しいヨガで10キロ減量できたが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT