注目!「ダイエット目的」の運動を続けるコツ

日常的な運動習慣が体と心を変える

画像を拡大
ヘルシーライフの幕開け

しかし、ある日、ラン友達のナタリーから言われました。「なんでそんな考え方するの? それってジャパニーズ的な考え? ランニングはソロ・スポーツ! 自分との戦いじゃない。美沙子が気持ちよければそれでいいのよ!」彼女に一喝され、ランニングについての取り組み方が変わりました。最初は1キロだけを目標に、毎日同じ時間に走り始めるように心掛けました。ひとつのことを続けるためには、できるだけ同じ時間に始めて、同じ事を繰り返すことで、心と体に「癖」をつけることが大事だと思います。

癖をつけるまでは時間がかかりますが、達成可能な小さな目標を作ってまずはそれをクリアする。そこから、また違う目標を作って……と繰り返すことで私の場合は充実感を得られると同時に、自分に自信がつき、今でもランニングを続けることができています。それどころか今では、数日でもランニングができない場合はイラついてくる場合も……。そして、日々のランニングの成果か、始めてから体重は10キロ以上減少。それ以降、増えたことはなく、ベストの体重を維持しています。

運動する時間を「有効活用」するのも長く続けるコツのひとつです。私の友人にもランナーは大勢いますが、彼らはランニングの時間を仕事のネタやアイデアを考える時間として使っています。私も無心になって走っていると、自分の息づかいがリズムを刻むように聞こえ、集中力が増してきてネタやアイデアが浮かびやすくなる。なので、私はいつでもメモがとれるようにスマートフォンを持参しています。教師をしている私の知人も、ランニングの時間を使って、ユニークな宿題のネタを考えているそうです。

次ページ今ニューヨーカーが夢中なエクササイズは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。