余計!相手が疲れる「やりすぎ」気づかい

「おせっかい」に陥らないANA社員の秘密

本当に気が利く人には「やりすぎ」がありません(写真:ロイター/アフロ)
「仕事手伝いましょうか?」「相談に乗りますよ!」――そんな親切な声をかけられて、うれしいときもあれば、反対に「放っておいてほしい」「かえって邪魔になる」と感じるシチュエーションもあります。あなたがよかれと思って行動した気づかいも、実は相手を疲れさせているかもしれません。『仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい』の著者であるANAビジネスソリューションに、「行動する気づかい」と「行動しない気づかい」の使い分けのポイントを聞きました。

 

「気づかいの心」から生じるものは「行動」だけではありません。あえて、「行動しない」ほうがいい場面もあります。

人は、「自分はこれをやった」ということを人に認識してもらいたい願望があるのでしょう。「策をこうじて行動に移した」ことについては、成功しても失敗しても「行動した結果だから」と評価を受けやすいものです。

その一方で「策をこうじて行動しないことにした」となると、「なぜ行動しなかったんだ」と批判されがちです。「行動しないほうがよい結果になると考えたから」という理由は、あまり評価されません。しかし、現実には自分がその場で「何も実行しない」のが最善策という場合もあるのです。

親切のつもりで毛布を畳んだら……

ANAのCAは、1日のうちに複数のフライトをする際、同じ飛行機のまま乗務することがあります。

その際、つぎの便の出発までの間、CAは地上の機内に残って食事をとります。その傍らで、つぎのフライトの準備のため、清掃担当スタッフや、搭載担当スタッフなどが飛行機に乗り込んできて、手早く準備を始めていきます。

食事を終えたCAもまた、つぎのフライトの準備を始めますが、機内では清掃担当者が清掃をし、ギャレーでは搭載担当者が飲み物などの搭載作業をしています。

そんな状況のなか、あるCAが気づかいの心から、清掃担当者のために毛布を畳んだとします。ところが、畳み方が間違っていたりすると、清掃担当者から「もう一度、畳みなおさないと。これじゃ二度手間だ」と思われてしまいます。よかれと思って実行したことが、裏目に出てしまう例です。

次ページそんなとき、やるべきことは単純明快
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。