仕事と人間関係が学べる!アメフトの魅力

ラグビーの次はシーズン佳境のNFLに注目

アメフト観戦を始めてみませんか?(写真:AP/アフロ)

昨年、日本で大ブームを巻き起こしたラグビー。選手同士が激しくぶつかり合うチームスポーツの魅力を再発見したという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に、筆者がいまおススメしたいスポーツがあります。それがアメリカンフットボール。

1月も下旬を迎え、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が佳境を迎えています。全米に点在する32チームで優勝を争うシーズンはクライマックスを迎え、日本時間2月8日(月)に行われるスーパーボウルで頂点に輝くチームが決定します。

私自身、この10年ほど熱心にNFLを観戦しているのですが、アメフトというスポーツはまだまだ日本ではマイナー。身の回りでも野球やサッカー、テニスや卓球に比べてファンが少ないのが現状です。「スーパーボウルぐらいは知っているけど、チーム名やルールは分からない」という人が多いのではないでしょうか?

アメフトの魅力

この連載の過去記事はこちら

毎年のように最高益をたたき出し、世界一成功しているスポーツリーグとも言われるNFLですが、今回はこの連載にふさわしく、人づきあい・人間関係・コミュニケーションの面から見たトピックをいくつか取り上げ、アメフト・NFLの魅力を紹介してみたいと思います。

1、チームの屋台骨が新人!?

アメフトは攻撃と守備に分かれて、60分間を戦うスポーツ。攻撃の中心を務めるクォーターバック(QB)は、まさにチームの司令塔です。運動能力やパスの正確さといったプレイの技量はもちろんのこと、チームをまとめ上げるリーダーシップがもっとも重要となります。どんなピンチに陥っても決して腐らず、どれだけ自分がケガをしても文句を言わず、常に冷静に試合をコントロール。仲間を信じ、励まし、ときにはお尻を蹴り上げるような勢いで叱咤します。

次ページ観客が「12番目の選手」と言われる理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT