「上司がダメと言うので」はもうやめよう

仕事ができない人の常套句

その言い訳、もっといい言い方がありそうです(写真:msv / PIXTA)

今年の流行語大賞( 2015ユーキャン新語・流行語年間大賞)は、「爆買い」と「トリプルスリー」に決定。ほかにも「安心してください、穿いてますよ」「エンブレム」「五郎丸(ポーズ)」「ドローン」など、「ああ、使う使う」「よく聞いた!」と感じる言い回しが並びます。

一方、日々仕事をしていて、ダメな人・仕事ができない相手からよく聞く言い回しの代表といえば、「上がダメというので…」「上の人間から反対が出まして…」「上が…」という「上司言い訳」ではないでしょうか?

もっといい言い方はこれ!

取引先と打ち合わせに打ち合わせを重ねて、いい感じで話が進んでいたのに、突然、中止になる、あるいは方向転換を強いられる。理由を聞いても「上がそういうので」の一点張り。ふつふつと怒りがこみ上げ、言いしれない脱力を覚えるはずです。

さらに、この言い回しのやっかいなところは、自分自身でも言ってしまう可能性のあるところ。サラリーマンともなれば、上司の言うことには基本的には絶対。いつなんどき、自分でも「いや、上が……」と言い訳する場面を迎えるかわからない。だからこそ、目の前のこいつの気持ちもわからなくもない。振り上げた拳の下ろし場所がなく、こちらもヘラヘラと「あー……そうなんですか。それじゃあ、仕方ないですね」と引き下がってしまう。サラリーマン社会にはびこる、実に困った言い回し、と言えます。

では、この言い回し、

「上を説得できなくて、すみません」

に言い換えたらどうでしょうか? なんとなくスッキリしませんか? これは先日、実際に僕が耳にした言い方で、とても気持ちのいい記憶として残っています。同じ内容を言っているようなのに、一体、なにが違うのでしょうか?

次ページこの言い方のどこがポイントか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT