「上司がダメと言うので」はもうやめよう

仕事ができない人の常套句

まず第1に、「きちんと謝っている」点が挙げられます。「いや上が……」という言い訳には、「自分は悪くない。あくまで上司が反対しているのだ。そういうことってあるだろう?お互いサラリーマンなんだからわかってくれよ」という自己防衛的な開き直りが感じ取れます。そうではなく、自分の責任を認めて、謝罪しているところが好感度の高い理由。実際、目の前の人に「話が違う」という不快感を与えたのだから、表面上でも「謝る」のがスジということです。

あなたとは敵ではない、という雰囲気作りが大事

次に、「説得」という言葉も効いています。自分は言われっぱなしだったわけじゃない。上司にかけあったのだ、やりあったのだ、とアピールすることで、相手としてみれば「あぁ、がんばってくれたんだな」と交渉の場面を想像することができます。「いや上がそう言うので……」の一点張りをされるから、「じゃあ、お前は何をしてたんだ!?」と怒りが湧いてくるわけです。あくまで主語は自分にして、「説得したけどダメだった」と経緯を伝えるのは、実にフェアな姿勢です。

最後に、「共通の敵作戦」(参考:『戦略的、めんどうな人の動かし方』)をうまく使えているところも見逃せません。「いや上が……」という言い方だと、構図としては「担当者&上司の連合軍VS.あなた」です。まるで虎の威を借る狐のように、上司を後ろ盾に横車を押す印象に。そうなると「あなたじゃ話にならない。直接上司と話させてくれ」と、こちらも激高することになりますよね。

ところが「私は上司を説得しようとしたんだけど……」という言い方になると、「担当者&あなたの連合軍VS.上司」という構図ができあがります。上司という「共通の敵」が出現することで、担当者とあなたは、一緒に戦う「仲間」になるというわけです。重ねて「これからもあきらめずに調整を続けますので、もう少し待ってください」などと言われようものなら、「一緒にがんばりましょう!」と握手をしてしまいかねません。このように、言いにくいことをいうときには「テーブルの向こう側」に構えるのではなく、「私たちはテーブルの同じ側にいますよ」という雰囲気作りが欠かせないのです。

いかがでしょう。せっかく進めていたのに上司にちゃぶ台をひっくり返される……。自分自身が、はらわたが煮えくりかえる思いがするはず。ですが、それをそのまま関係者に垂れ流してしまっては、株が落ちるというもの。そこをぐっとこらえて、

「上を説得できなくて、すみません」

とひと言。災い転じて、かえって好印象を与えることも可能な言い回しなので、ぜひ使ってみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT