トヨタ豊田章男社長に学ぶトップのコミュ術

部下への接し方「黄金の3原則」とは?

豊田社長の魅力とは?(撮影:尾形文繁 決算説明会にて撮影)
上手くいくかどうかはわからない……
成功するとは限らない……
だけど挑戦しないといけないんです!
バッターボックスに立たない人は
失敗することはありません。
そうすれば、その人が築いてきた評価は変わらない……
だけど、それは成長することを
放棄していることと同じだと思うんです。
たとえ空振り三振に終わったとしても
その時、打席に立ったその人は
絶対に成長を遂げているはずです。
そして何より
バッターボックスに立つことがなければ
ヒットを打つことは絶対にできないんです。
だからモリゾウは
ゼロ打数ゼロ安打の人にはなりたくない……
失敗を恐れずに
とにかく打席に立とうとする人でありたい……
そう思っています。

車に対する無尽蔵の愛情

「自動車会社に勤めるドライバーモリゾウ」さんのブログは、いつも車に対する無尽蔵の愛情と素直な感情表現にあふれている。

「(ラリーを)見ていた皆様も、きっとワクドキを感じていただけたと思います。ただ、実は、モリゾウは、その時、ワクドキだけでなく、少しドキドキもしていたんです……」「今までモリゾウは「晴れ男」で通ってきたのに、なんか残念……(笑)」。

なんのてらいもなく、少年のようなキラキラ感を発する「モリゾウ」さん。何を隠そう、前回の記事でも取り上げた、トヨタ自動車の総帥、豊田章男社長である。この『あのエラい方が、実はなんと!!』という「水戸黄門」的感覚を思わず抱いてしまう存在感、ギャップ感。これこそが豊田社長の魅力のひとつだ。

次ページ豊田社長のブログの特徴とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT