トヨタ豊田章男社長に学ぶトップのコミュ術

部下への接し方「黄金の3原則」とは?

「共感系」リーダー、米国のオバマ大統領やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグの発信するメッセージは「人間臭い」ものも多い。

最近、ティーンエージャーの娘を持つオバマ大統領は雑誌のインタビューでこうこぼしている。「別にボクが嫌われているっていうんじゃないんだ。ただ、彼女たちのスケジュール帳はどんどん埋まっていく。友達といる方が楽しいってね」「6歳、7歳のころはよかったなあ。一緒にいるだけで最高だった」「もう、ボクとの時間はないんだよね」。

お父さんの悲哀が伝わってくる。そして、こうも言う。「だけど、子供たちがどんどん自分より賢く、クールになっていくのを見るのに勝る喜びはないよね」。

世のお父さん、どうですか。「ああ、わかる、わかる」と感じるのではないだろうか。こう思わせる言葉がソーシャル時代に求められる「共通言語」だ。

豊田章男流「部下に対するコミュ術」3原則

それでは、今回は豊田章男流、部下に対する上司のコミュニケーションのコツを「黄金の3原則」としてまとめたい。

① 地位、肩書を笠に着るな

上司だから、と威張ってはいけない。権威をかざすような上から目線では、部下の心を開けない。「部下に支えられている」という感謝の気持ちを見せてみよう。

② 鎧を脱いで、素で語ろう

自分をいつも強く見せようと虚勢を張らなくてもいい。泥臭さ、素の自分を見せるときがあってもいい。

③ 共通言語を持とう

相手のわかる言葉、相手の胸襟を開く言葉を見つけよう。謙虚に相手の言葉に耳を傾け、同じ目線で話してみよう。

ところで、なんで「モリゾウ」なのか。地元・愛知で行われた「愛・地球博」の公式キャラクター「モリゾー」に由来する、と伝えられるが、本人の名前とも風貌とも結びつかない。この「モリゾー」、森のことならなんでも知っていて、不思議な力を持っている心やさしい森の精で、そよ風をおこしたり、疲れている人の心に木漏れ日を届けたりするのだそうだ。

浮世離れしているようで、泥臭い。冷静のようで、情に弱く、男泣きもする。そんな”不思議ちゃん”の次の冒険は何なのだろうか。ますます、目が離せない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。