トヨタ豊田章男社長に学ぶトップのコミュ術

部下への接し方「黄金の3原則」とは?

ブログは、豊田社長の「車のすばらしさを直接、ユーザーに伝えたい」という気持ちから始まったもので、本名も肩書きも明かさず、自らの思いを自らの言葉で素直に、謙虚につづっている。

豊田社長といえば、トヨタ自動車の創業者豊田喜一郎氏の直系の孫。日本の産業界の「徳川家」のような由緒正しき血筋なわけだ。だからといって、それを笠に着るわけでもない。

逆に、彼自身、その出自ゆえの「ボンボンだから何もわからないはず」という偏見を「呪縛」とみなし、もがいていた。あえて、「奥の院」を飛び出し、自ら耐久レースやラリーに出たり、暇があれば生産現場に足を運んだり、テレビ番組の企画で、マツコ・デラックスが工場に訪問してくれば、自らガイド役を買って何時間でも相手をしたり……。「お殿様」として特別視されることを厭い、その目線も語り口も、とことん「お茶の間」レベルだ。

にじみ出るトップの「品格」

ただ、本人がその意識をせずとも、にじみ出るトップの「品格」というものがある。心理学でいうところの「ハロー効果」もあるだろう。ハロー、英語ではHalo(ヘイロー)というが、「後光」と言う意味。「ある対象を評価するときに、最も目立つ特徴によって他の特徴についての評価が影響を受ける」ことで、たとえば、学歴や外見、家柄で、ほかの評価も決まってしまう、ということだ。

ただし、創業家の二代目、三代目が必ずしも、この「後光効果」を生かし切れるとは限らない。「後光」だけが強すぎれば、「単なる逆光」にしかならない。「後光」に負けない、自分らしい輝きが真のリーダーには必要だ。

リーダーとしての輝きとは何か。リーダーの必要条件として、昨今、欧米で注目されるのが「Gravitas」(グラビタス)だ。ローマ時代に語源を発し、gravity(引力)と同根とされるこの言葉、リーダーとしての風格、威厳、重み、高潔さとでも言おうか。まさに、人を惹きつける「引力」といえるだろう。

次ページエグゼクティブの求められる3要件とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。