最高益のトヨタと日産、来期はどうなる?

グローバルでは、販売状況はまだら模様

東京モーターショーで壇上に立つトヨタ自動車の豊田章男社長(撮影:鈴木紳平)

「北米などは堅調だが、新興国が弱含んでおり、慎重な見通しを立てた」(大竹哲也・トヨタ自動車常務)

2016年3月期上期決算(4~9月期)を増収増益で着地したトヨタ。通期純利益は、前期比3.5%増の2兆2500億円の従来予想を据え置き、2期連続で最高益を更新する見通しだ。

しかし、足元の好業績を、手放しで喜べる状況ではない。上期の販売台数は497.9万台と前年同期比1.1%減少。北米や西欧、中国(持ち分法適用)は増加したが、日本や東南アジアの落ち込みをカバーできなかった。

販売台数は減少へ

通期においても販売台数は、前期比1.7%減の1000万台を計画。0.2%減と見ていた従来予想から、減少幅は拡大している。

販売台数の減少にもかかわらず、増益を計画するのは、通期で1150億円を見込む円安効果があるためだ。加えて、好採算の大型車が売れている北米市場の拡大が、日本からの輸出分も含めて利益を押し上げている。

一方コスト面では、新興国における労務費や、自動運転に対応するための研究開発費などが増加。得意のカイゼンによる約3000億円の原価削減効果が相殺された。

北米市場への依存は、他社でもますます高まっている。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長(撮影:鈴木紳平)

日産自動車は上期の好業績を受けて通期業績予想を上方修正。通期純利益を、期初予想の4850億円から5350億円へと大幅に引き上げ、実に10年ぶりに最高益を更新する見通し。「新興国の減速を補って余りあるほど、北米需要は強いと想定される」(西川廣人チーフ・コンペティティブ・オフィサー)ことがその背景にはある。

次ページ中国市場の動向は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT