"ミニサイズ"の新型「ジープ」、日本での勝算

急成長のSUV市場に参戦

排気量2.4リットルの4気筒エンジンを積む最上位モデル(写真)は、4輪駆動の輸入SUVでは最も安い340万2000円。1.4リットルのターボエンジンのモデルは297万円と、ジープとして最も低価格にした。

SUV(スポーツ多目的車)の代名詞ともいえる米国生まれの「ジープ」。その歴史上最も小さい”ベビー・ジープ”が日本にお目見えした。

欧米自動車大手、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の日本法人、FCAジャパンは9月5日、ジープとして初の小型SUVとなる「ジープ・レネゲード」を発売した。丸いヘッドライトとその間に並ぶ7つのスロットグリルというジープの伝統を受け継ぎつつ、「可愛さも感じられる」(FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長)デザインが特徴だ。

レネゲードは、これまでのジープをただ小さくしたというわけではない。旧フィアットと旧クライスラーの経営統合で昨年1月に誕生したFCAとして初めて共同開発した車で、いわば統合の象徴ともいえる。プラットフォーム(車台)は小型車を得意とする旧フィアットが主導し、デザインは旧クライスラーのチームが手掛けた。10月にはフィアット側がデザインを手掛けた兄弟車「フィアット500X」も日本で発売される。

 日本向けは”イタリア産”

10月に日本で発売する兄弟車「フィアット500X」

ジープはこれまで、ほとんどが米国で生産される生粋の”アメ車”だった。だが、レネゲードの生産の中心は旧フィアットのイタリア工場で、日本向けも”イタリア産”だ。今年からは米州向けにブラジルの新工場で造り始め、今後は中国の広州汽車とも合弁生産が始まる。ジープの世界販売は2014年に初めて100万台の大台を超しており、変革のただ中での戦略車投入となる。

過去10年ほどの間、ジープは需要に合わせて商品群を広げてきた。オフロード好きが乗る「ラングラー」、ドイツ車からの乗り換えが多い高級車「グランド・チェロキー」、ボリュームゾーンを取り込む中型の「チェロキー」といった具合だ。こうした中、FCA US(旧クライスラー)で内装デザインのバイスプレジデントを務めるクラウス・ブッセ氏は「ラインナップには、若々しさ(Youthful)や 楽しさ(Fun)という部分が欠けていた」と語る。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。