"ミニサイズ"の新型「ジープ」、日本での勝算

急成長のSUV市場に参戦

排気量2.4リットルの4気筒エンジンを積む最上位モデル(写真)は、4輪駆動の輸入SUVでは最も安い340万2000円。1.4リットルのターボエンジンのモデルは297万円と、ジープとして最も低価格にした。

SUV(スポーツ多目的車)の代名詞ともいえる米国生まれの「ジープ」。その歴史上最も小さい”ベビー・ジープ”が日本にお目見えした。

欧米自動車大手、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の日本法人、FCAジャパンは9月5日、ジープとして初の小型SUVとなる「ジープ・レネゲード」を発売した。丸いヘッドライトとその間に並ぶ7つのスロットグリルというジープの伝統を受け継ぎつつ、「可愛さも感じられる」(FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長)デザインが特徴だ。

レネゲードは、これまでのジープをただ小さくしたというわけではない。旧フィアットと旧クライスラーの経営統合で昨年1月に誕生したFCAとして初めて共同開発した車で、いわば統合の象徴ともいえる。プラットフォーム(車台)は小型車を得意とする旧フィアットが主導し、デザインは旧クライスラーのチームが手掛けた。10月にはフィアット側がデザインを手掛けた兄弟車「フィアット500X」も日本で発売される。

 日本向けは”イタリア産”

10月に日本で発売する兄弟車「フィアット500X」

ジープはこれまで、ほとんどが米国で生産される生粋の”アメ車”だった。だが、レネゲードの生産の中心は旧フィアットのイタリア工場で、日本向けも”イタリア産”だ。今年からは米州向けにブラジルの新工場で造り始め、今後は中国の広州汽車とも合弁生産が始まる。ジープの世界販売は2014年に初めて100万台の大台を超しており、変革のただ中での戦略車投入となる。

過去10年ほどの間、ジープは需要に合わせて商品群を広げてきた。オフロード好きが乗る「ラングラー」、ドイツ車からの乗り換えが多い高級車「グランド・チェロキー」、ボリュームゾーンを取り込む中型の「チェロキー」といった具合だ。こうした中、FCA US(旧クライスラー)で内装デザインのバイスプレジデントを務めるクラウス・ブッセ氏は「ラインナップには、若々しさ(Youthful)や 楽しさ(Fun)という部分が欠けていた」と語る。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT