SUVの元祖ジープが"丸くなった"ワケ

中型車「チェロキー」を6年ぶりに全面刷新

日本でも人気が高まっているSUV(スポーツ用多目的車)。その元祖である「ジープ」のミドル(中型)サイズ「チェロキー」が6年ぶりにフルモデルチェンジした。5月17日から販売される。

ジープは、今年1月にフィアットと経営統合した米ビッグスリーの一角、クライスラーの主力ブランド。日本ではすっかり影を潜めてしまったいわゆる「アメ車」だが、ジープはここ数年販売を伸ばしている唯一のメーカーだ。

同じ米国メーカーのブランドの販売台数を見ると、ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー」や「キャデラック」がそれぞれ年間1000台強、フォード・モーターの「フォード」は同約4000台。ここ数年は大きな変化はなく、伸び悩んでいる。

一方、ジープは2009年の約1000台から2013年に5000台弱まで伸びた。フィアットクライスラージャパンのポンタス・ヘグストロム社長は「今年は(昨年比1.6倍の)8000台を目指す」と意気込む。そのカギとなるのが今回の新型チェロキーだ。

角張ったデザインを変更

画像を拡大
角張ったデザインの旧型「チェロキー」

旧モデルとの大きな変更点はデザインにある。

新型チェロキーは従来の角張ったデザインから丸みを帯びた形になった。「トラック的なデザインから、一般的な乗用車に近い構造にすることで、効率の良い走りを可能にした」と、クライスラーでジープブランドのデザイン責任者を務めるマーク・アレン氏は語る。「私としては既存のデザインを変更し、長続きするものにしたかった。(本社の)セルジオ・マルキオーネCEOがわれわれの案から最も先鋭的なものを選んだ」。

車のサイズは同じジープブランドの大型車「ラングラー」や高級モデル「グランドチェロキー」に比べてコンパクト。価格は379万800円~461万1600円。エントリーモデルは2.4リットルの直列4気筒エンジンで前輪駆動、上位モデル「チェロキートレイルホーク」は3.2リットルV型6気筒エンジンで4輪駆動だ。また、クライスラーグループとしては初めて全モデルに9速オートマチックトランスミッションを採用し、強い加速と滑らかな高速走行を実現した。

次ページ上位モデルの乗り味は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。