BMW、高級小型車で日本市場を攻める

「MINI」「2シリーズ」の新モデル投入

独BMWが「プレミアム・コンパクトカー(高級小型車)」に力を入れている。同社は「MINI」ブランドのハッチバック車を7年ぶりに刷新し、4月12日に発売する。MINIは現在日本で7車種を展開しており、ハッチバック車はこのうち販売台数の3割強を占めるモデルだ。価格は266万円から。

MINIのようなプレミアム・コンパクトカーは、高級モデルの質感や走行性能を受け継ぎつつ、比較的小型で価格が抑えられており、日本市場でも人気のジャンルだ。

新型MINIは全体的なデザインは従来のMINIの特徴を踏襲した形になっているが、新開発のターボエンジンを採用し、販売の大半を占めるAT(オートマチックトランスミッション)車を中心に燃費を向上させた。1.5リットルの3気筒エンジンを搭載した「クーパー」は、従来比約2割改善した1リットルあたり17.9キロメートルだ。

2.0リットルの4気筒エンジンを積んだ上位モデル「クーパーS」は、従来比約3割改善した同17.6キロメートルとなった。燃費基準を達成したことで、従来マニュアル車のみだったエコカー減税対象が今回新たにAT車にも広がった。

国産車からの乗り換えが5割

画像を拡大
MINIのダッシュボード周り

国産車には続々と搭載されている自動ブレーキも今回新たに装備した。後方の障害物などをディスプレーに表示するカメラや、このカメラを利用した駐車支援機能もそろえている。

昨年のMINIの国内販売台数は約1万7000台と3年連続で過去最高を記録。モデル末期にもかかわらず、販売を伸ばしている。「2013年の台数が前年比で伸びたのは英国と中国、そして日本だけだ」(BMWジャパンのアラン・ハリス社長)。

販売の伸びを支えるのが、国産車から乗り換える顧客だ。MINIシリーズ全体の販売のうち、国産車から乗り換えたユーザーが約5割を占める。

新規顧客の呼び込みを強化すべく、ディーラー網の拡充にも精を出す。来月初めには横浜・みなとみらいに新たなコンセプトを取り入れた大型店を開き、今後は地方都市の開拓も進めるという。MINIディビジョン本部長のフランソワ・ロカ氏は「1~2年のうちに現在の114店舗から1割を増やす。新型MINIの投入を追い風に、今年も過去最高の更新を目指す」と意気込む。

次ページBMWブランドでも小型車投入
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT