SUVの元祖ジープが"丸くなった"ワケ

中型車「チェロキー」を6年ぶりに全面刷新

画像を拡大
悪路でも走りやすいように設計されている

ジープといえば、悪路走破性の高さが売り。よりオフロード走行に向く上位モデルには今回、「セレクスピード・コントロール」と呼ばれる機能が標準搭載されている。

これは指定のボタンを押せば、急な上り坂ではアクセルを踏まなくてもスロットルを制御してゆっくり登り、下り坂では自動的にブレーキで車を制御しながら時速4キロ程度の低速で下るというものだ。

実際に体験してみると、オフロード運転の経験がない筆者でも、何の不安もなく上り下りを運転することができた。

日本における2013年のSUV販売台数は約24万台。全登録車の販売台数が326万台であることを考えれば、まだまだ小さな市場だ。ただ、日本自動車販売協会連合会(自販連)が集計しているモデル別販売台数トップ30を見ると、最新の今年3月には6車種のSUVが名を連ねた。4年前の同じ月、10年3月を見てみると、ランクインしているのは日産自動車の「エクストレイル」と三菱自動車の「RVR」の2車種のみ。この4年で着実に裾野が広がってきたといえる。

BMW、アウディもSUVを強化

チェロキーは日本のSUV市場の7割近くを占めるミドルサイズであり、競合になるのは国内勢ではトヨタ自動車「ハリアー」やスバル「フォレスター」など、今まさに“売れ筋”の車だ。

また、海外勢も日本でのSUV販売を強化している。特に力を入れているのがドイツのメーカーだ。BMWは、日本自動車輸入組合による2013年度モデル別販売台数トップ20に小型モデル「X1」や中型の「X3」という2車種をランクインさせた。7年連続で過去最高の販売台数を更新中のアウディは「Q3」や「Q5」といったSUVモデルが貢献しているほか、メルセデス・ベンツも小型SUVの新モデル「GLAクラス」を今夏に投入予定だ。

フィアットクライスラージャパンのヘグストロム社長は、「成長を続けているセグメントであり、オフロードでも使える性能の高さをアピールしたい」と話す。同社は、ジープのディーラー網を昨年末時点の60店舗から、今年中には84店舗まで拡大させる。SUVをめぐる競争が激化する中、新型チェロキーで新たなジープファンの獲得を目指す。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。