"ミニサイズ"の新型「ジープ」、日本での勝算

急成長のSUV市場に参戦

レネゲードの内装デザインを率いたのは、開発が始まった当時入社したばかりだった24歳のデザイナーだ。「新人を抜擢するのはリスクだったが、純真無垢な感覚を取り入れるためには、メリットのほうが大きかった。もちろん、私やほかのベテランが”クレイジーすぎる”デザインにならないよう軌道修正はした」(ブッセ氏)。レネゲードの内装には、ロボットの目のようなエアコンの吹き出し口、 助手席の正面にある取っ手など、ユニークなデザインが目立つ。

日本はSUV市場が倍増 

FCAジャパンのヘグストロム社長は「小型SUVは全世界で強い需要がある。年齢や所得、性別などの点で、これまで以上に幅広い顧客を獲得できる」と日本での展開に自信を見せる。ジープの国内販売台数は2011年から5年連続で過去最高を更新し、2014年には6692台を記録。大型から中型まで各セグメントに車種を展開しており、今回、満を持して小型車を投入する。レネゲードをテコに今年も過去最高の販売を狙う。

国内SUV市場は各メーカーの新車投入で市場が広がっており、追い風も吹く。調査会社IHSオートモーティブによれば、2014年の国内SUV販売は55万0940台(軽自動車を含む)と前年比でほぼ倍増。2000年以降で初めて50万台を超えた。市場拡大を牽引したのが、ホンダの「ヴェゼル」やスズキの「ハスラー」だ。今年2月にはマツダが「CX-3」を発売し、滑り出しは好調。輸入車ではメルセデス・ベンツの「GLAクラス」が人気を博している。

「現在の商品群では最も都市向きのモデル」(ヘグストロム社長)と言うように、レネゲードはこれまでのジープのイメージとは少々異なる。ジープに触れたことのない新たなユーザーをどこまで取り込めるか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT