余計!相手が疲れる「やりすぎ」気づかい

「おせっかい」に陥らないANA社員の秘密

『仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

これらは人が生活を送る上での基本的要件とされています。接する相手の置かれている状況が、衣食住の点で問題ないといえるかどうか。もし問題があれば、意識して快適な状況を提供するようにすべきだというわけです。

猿棒はCAと接しているとき、この「衣食住に問題はないか」という視点で、快適性の判断をすると言います。

「遅延していないなど状況にもよりますが、もしCAたちがご飯も食べずにフライトの準備をしているとわかったら、『ご飯ぐらいは食べようよ』と言います。お腹が空いていてはパフォーマンスも落ちます。万一、緊急事態が発生したときのことまで想定して声をかけています」

気負わず、不快な思いを取り除くことを目標に

室内の温度についても同様です。多くの空港には、二酸化炭素の削減のため、「機体後部にある補助動力装置を用いた空調は出発の 15 分前から付ける」という決まりがあります。それでも「衣食住」の基準に照らしておかしいようなら、猿棒は、機長としてかならず声をかけています。

「もし機内の温度が 30 ℃を超えている中で、空調を使わずに汗だくでフライトの準備をしても効率は上がらないでしょう。『暑すぎるならエアコンを使おうよ』と言います」

「行動する気づかい」のすべてが、相手に喜ばれるわけではありません。何か特別なことをしてあげようと気負うのではなく、まずは不快な思いをさせないことを目標に、行動してみましょう。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。