絶対使える!「おもてなし英語」のリアル

事件は現場で起きている!?

How many people are in your party? (何名様ですか。)

が一般的な聞き方です。教えてあげたい教師魂に駆られていると、その店員さん「バス? バスってなんだろう?」と独り言。ああ、Three of us の最後の部分だけ聞き取れちゃったみたいです。

すると、通じないのは慣れっこなのか、そのアメリカ人、One, two, three(イチ、ニ、サン)とひとりずつ指さして説明。わかりやすい! 明るい表情になった店員さん、すかさず同じ動作で One, two, three, okay!(イチ、ニ、サン、了解!)と、最後はOKのジェスチャーつき。フレンドリーさはばっちり伝わりました。なんだかほほ笑ましい。

英語があまり通じないと思ったのか、アメリカ人のひとりが片言の英語で、Non-smoking, please.(禁煙席、お願い)とゆっくり言うと、一瞬考えてから、Okay, okay(はい、はい)と店員さん。そして、

✕ There are no chairs in the non-smoking section, okay? (禁煙コーナーにはいすがないけど大丈夫?)

と説明! うーん惜しい。これだと立ち飲み屋です。違いますよね、「席が空いてない」って言いたいはず。せめてchair(椅子)じゃなくてseat(座る場所・席)にしたら通じたのですが……。いすは家具そのものを指してしまうんです。ふつう、こんなときはtable(テーブル)を使って

There are no tables available in the non-smoking section right now. ただいま、禁煙コーナーはテーブルの空きがございません

と言うとよいでしょう。または、

The non-smoking section is full right now. 禁煙コーナーは、ただいま満席です

でもよかったかもしれませんね。

さらに外国人が増えてきたら大変ですよ!

案の定、アメリカ人たちは No chairs? Japanese style? Tatami? (いすなし? 和式? 畳?)と勘違いしています。それを聞いた店員さん、 No tatami. Only tables. (畳なし。テーブルだけ)と説明。

アメリカ人たちは「いすなしだけど座敷じゃなくて、テーブルだけ」と言われて、きっとスタンディング・バーみたいなイメージになっちゃってます。そして、店員さんはどうして「座敷?」と聞かれたのかもわからないまま、「テーブル席しかございません」と言っているつもりだから、もう理解しあえません。

アメリカ人が Do you drink standing?(立ち飲みですか)と聞けば、No, no, sit down.(いや、違います、座ってください)と言う。すると「床に座るのか」となり、店員さんは「座敷じゃありません」と繰り返す。アメリカ人たちも理解できないものだから、おふざけも入ってきて、「じゃあテーブルに座るのか」とか「寝ころんで飲むのか」とか、だんだん話がおかしな方向に……。話がそれればそれるほど、店員さんは理解できなくなり、冬なのに汗かいてかわいそう。見かねてつい口をはさんでしまう筆者。

次ページ言葉以上に印象はやはり大切
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。