外国人に響く!すぐ使える5つの「接客英語」

これだけのフレーズで千客万来!?

英語での接客に、難しいフレーズは要りません!(写真:KAORU / PIXTA)
年々増加する訪日観光客。日本政府のデータでは、彼らの旅の目的では「日本食を楽しむ」がトップになるほど、日本での食事は圧倒的な人気を誇っています。
最近では、「ラーメン」「とんかつ」「カレーライス」「お好み焼き」といったいわゆるB級グルメが人気というデータも。学生やビジネスマンに愛される大衆食堂に、突然、外国人客が訪れるということも普通の光景となってきました。
ところが、ショッピングや食事などの際に、言葉が通じないことで不自由を抱える外国人観光客は多く、英語が話せる店員がいたり、英語のメニューがあるレストランなどにお客が集中するというケースも多く見られます。

英語に対応できるお店は少ないため、「英語で接客ができる」ということは、旅行者にとってもお店にとっても大きなメリットとなります。そこで『ゼロから話せる 接客のひとこと英会話』の著者であり、接客の英語を専門に企業研修などで英語を教える菅野有花さんに、今回は飲食店で使える「5つの接客英語」についてご紹介いただきます。

 

前回記事の「販売店の英語」でもお伝えしたとおり、英語圏のレストランでは「丁寧な接客」よりも「フレンドリーな接客」が好まれます。ですから、敬語や丁寧語にこだわって難しいフレーズを覚えるより、むしろシンプルな表現を覚えていれば充分であることが大半です。

飲食店でも「Hi」と「We」は必須単語!

前回の記事で、「いらっしゃいませ=Hi」「当店=We」というキーワードをご紹介しましたが、覚えていますか?

これらのフレーズは、ほとんどの接客業で使える定番ワードですので、販売店、レストラン、ホテルなど、どんなサービス業の方であれ、条件反射的に使えるようになっておきたいものです。

お客さまが来たら笑顔で「Hi! (いらっしゃいませ!)」※Hello も可
「当店はラーメン店です」は、「We are Ramen restaurant.」※Ramen shopも通じます。

 

この超定番の単語を覚えたら、実際の接客でよく使うフレーズをチェックしていきましょう。

次ページ『厳選! 5つの接客フレーズ』
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT