翌日に仕事がある日は、飲んではならない

平日に飲めるのは一流の人の特権と考えよ

仕事のパフォーマンスに影響が出るので、翌日に仕事がある日は飲みません(写真 :Rina / PIXTA)

安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

ズバリ、できる社会人としての健康管理について聞きたいのです。最近、書店で頻繁にできる人は健康管理を怠らない、といったテーマの本を見かけます。確かに社会人たるもの、自分の体の管理ぐらいはきちんとしないといけないと思いつつ、私自身は何もしていないのが現状です。体を動かす趣味でも始めようかと思っています。
ところが実際はそれどころか、深夜の飲食や間食が止まらない状況で、長期的な仕事のパフォーマンスに影響が出ないか、いろいろな本を読んで心配になってきました。体が資本とはよく言ったものだと思います。安井さんはなにか体調管理でしていることはありますか?
会社員 西田

特別なことではなく、基本的なことを実践せよ

この連載の過去記事はこちら

私自身はなにか特別なことはしていませんので、自慢できる内容では決してないのですが、極力、基本的なことは押さえるように意識しています。

ただし、健康管理についてはまだまだ勉強中の身です。そもそも、学生の頃から体形や体重が若干の上下はあるものの、ほぼ変わっていないため、最近まで危機意識を持たなかったのかもしれません。

今までの職業人生を振り返ってみると、健康とはほど遠い生活をしてきたと言わざるをえません。30代後半になったあたりから、さすがにこれではまずいということで、ようやく基本的なことを意識するようになったというレベルです。

次ページ偏った食生活が続くと……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT