「運動前にバナナ」は、理にかなった技なのか

巷にあふれる「よもやま健康法」を徹底解剖

「運動前にバナナ」は、科学的に正しいといえるのでしょうか(写真:tsuppy / PIXTA)

昨今、インターネットやテレビ、あるいは電車内広告などで、健康情報を目にしない日はありません。ただし、科学的根拠に基づいているのかわからないものや、いかにも怪しげなものが少なくないのも事実です。

そこで今日から数回にわたって、そうした巷に流布されている情報や健康法について、科学的根拠にもとづいて検証していきたいと思います。

「運動前にはバナナ」「非常食にはチョコ」の真実

昔から「運動前はバナナを食べるのがいい」とか、「登山のときの非常食はチョコレート」などと言われてきました。「なんとなくそんな気がする」と思われる方が多いかもしれませんが、それが本当なのか、また科学的根拠はあるのか、はっきりご存知の方は少ないのではないでしょうか。

この真相を知るためのカギは、摂取した食べ物が食後どれくらいのスピードで糖分に変わるかを示す「グリセミック指数(GI)」にあります。

グリセミックとはぶどう糖のこと。GIは、ぶどう糖そのものを食べた2時間後に血液中のぶどう糖が上昇した分を100とし、各食品がその何%になるかを示した数値です。つまり数値が高い食品ほど、ぶどう糖を多く含む、かつ、体内で早くぶどう糖になる、ということを意味しています。

ドラッグストアなどで売られているぶどう糖(糖尿病の患者さんが薬を飲んで血糖値が下がりすぎたときに使うもの)がありますが、これを飲んだときのGIが100となります。炭水化物は食べたあと体内ですべてぶどう糖に変わりますが、一方で炭水化物の含有量がゼロの食品は、当然、GIもゼロです。

次ページ使い切れないぶどう糖がたまると……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。