「過度な安静」ほど、健康を害するものはない

初期症状が治まったら、むしろ動き回るべし

いつもなんとなく腰が痛い…というアナタ。寝てばかりいても治りません(写真:sh2 / PIXTA)

昔から、体調が悪いときには安静が大切と言われてきました。病気やケガをしている人には、「ちょっと休んだら」とか、「ムリしないで」とか、労わりの声をかけたくなるものです。

しかし、本当にその人のことを思うなら、「体を労わってはダメ!」と言ってあげたほうがいい場合もあります。たとえば、その人が「腰痛」を訴えているようなとき。というのも、「腰が痛い」という症状を自覚していても、体には何の異常もないことが多いからです。

「痛い」という記憶の信号がめぐっているだけかも

腰痛を訴える多数の患者に対しMRI検査を行い、原因を調べた研究がありますが、その結果によると、骨や靱帯、筋肉などに何らかの障害が認められたのは、全体のたった15%ほど。あとの85%の人には、何の障害も起きていなかったそうです。

さらに最近の研究からは、「痛い」という記憶の信号が頭の中をめぐっているだけ、というケースが多いこともわかってきました。

突然に生じた腰痛の多くは1週間ほどで自然に治るものですから、あわててないことです。病院へ行くと、レントゲンやMRIの検査のあと痛み止めを処方されますが、薬の副作用で体調を悪化させてしまう人も少なくありません。

次ページ意外と知らない、「ぎっくり腰」のリアル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。