「過度な安静」ほど、健康を害するものはない 初期症状が治まったら、むしろ動き回るべし

印刷
A
A

このように、日常生活で体を動かすことは非常に大切ですが、もう一歩踏み出して、健康増進のための「運動習慣」を身につけてほしいものです。

私の外来を受診された患者さんに運動を勧めると、「家事でくたびれ果てますから」「孫の世話でクタクタ」「犬の散歩をしているので、それで十分」などと言い訳をする人が多いのですが、家事や犬の散歩でくたびれることと、健康のために運動することとは、まったく別物です。

これなら長続き!オススメの簡単運動法

岡田先生の著書『効く健康法、効かない健康法』も発売中

では、どんな運動が「健康増進」になるのでしょう? 数々の学術調査が示しているのは、「汗をかき、脈拍数が少し上がるぐらいのきつさが必要」ということです。ぶらぶらと散歩をするだけでは、この条件を満たしませんし、家事や犬の散歩も同じことです。

ジョギングや早足でのウォーキング、水泳などは健康増進の定番ですが、種目は問いません。ダンベル運動も手軽にできるのでお勧めです。ビール瓶や水を入れたペットボトルでもかまいませんが、モチベーションを高めるために、おカネを出して買ってみるのもいいかもしれません。

男性なら5キロぐらい、女性なら2キロぐらいのものから始めるとちょうどいいでしょう。安全で、さまざまな動作を自分で工夫できることがダンベル運動の利点。飽きることなく、長続きしている人が多いようです。

腰痛を治すにはとにかく休養するのがいい?→ ×
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT