「趣味ナシで40歳」の悲劇、どうすればいいか

カネと時間のかからないものがいちばん

趣味と言えるような趣味を見つけるには、どうしたらいいでしょうか?(写真 :yosshi / PIXTA)

安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして。30代中ごろで40歳を意識し始めた会社員です。安井さんの著書やこちらの連載をよく参考にさせていただいております。
いくつも好きな名言があるのですが、最近はとりわけ、「若いうちは仕事にとことん注力しほかのことはせず、仕事に余裕が出てきたころに趣味などに目配せをし、結果として人生のバランスを取る」という考え方に非常に共感しています。私自身、気がつけばそのような生き方をしてきたのかもしれません。
ところで恥ずかしい話なのですが、今まで仕事に邁進してきたがゆえに、それなりの余裕ができてきたこれから、いざ趣味をとなると、正直、何をどうやったらいいのかがわかりません。安井さんはどのように趣味と言えるような対象を見つけられたのでしょうか。
周りの友人などでも、仕事のみに注力してきたか否かはさておいても、この年齢になると趣味らしき趣味を持って充実したオフタイムを過ごしている人間がおらず、バランスの取れたという状態とは程遠く、自分自身の将来が心配です。
今後、仕事をするうえでは、今まで以上にオフタイムの過ごし方が重要になる年齢だと認識しており、お知恵を拝借できますと幸いです。
会社員 西田諭(仮名)

「痛い人生を送りたくない!」

学生と話をしていると、「仕事だけの人生は嫌なので、プライベートと両立できるような仕事を見つけたい」といった決意や願望がよく出てきます。いわく「痛い人生を送りたくない!」と。その反対にオジサン・オバサン世代で少なからぬ割合であるのが、「時間ができたときに何をすればいいのかわからない」という悩み。プライベートの充実とは懸け離れた発言が飛び出すわけです。

次ページ仕事とは関係のない時間を過ごすことができない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT