今ブーム!麻雀が役立つこれだけの理由

サイバー藤田社長、勝間和代氏も熱中

麻雀はきっと仕事に役立ちます(写真:タニホ / PIXTA)

この春、商社に入社した女性(23)が先頃、上司から麻雀に誘われたそうです。新人歓迎会の席で「打てるんですよ」とうっかり話したら食いつかれ、半年を経てついに実現の運びに。

とある平日の夜に、仕事が終わってからまずは腹ごしらえ。メンツは上司と、社内の初対面の男性社員2人。僅差でトップを取ってしまい、上司からは「ほほぅ、ちゃんと打てるんだねえ」と目を細められたとのこと。彼女自身は慣れない場と相手に緊張を隠せず、「また誘われたらどうしよう」と苦笑いをしていました。

なぜ仕事人たちが麻雀にハマるのか?

サイバーエージェントの藤田晋社長が「麻雀は趣味ではなく仕事」と公言し、今年初めには経済評論家の勝間和代氏がプロ試験に合格と、ビジネス界において、にわかに麻雀が注目されています。

私自身20年以上愛好していて、現在も月に1度のペースで遊んでいます。新たに覚えたいという人への「布教」活動にも余念がありません。最近も、女性の友人2人に教えたのですが「衝撃的な面白さ」「なんでもっと早くやらなかったんだろう」「中国の映画に出てくる麻雀のシーンにあこがれていた」と、興奮ぎみでした。

麻雀にはほかの遊びにはない、独特のコミュニケーションがあり、そこが魅力の秘密とにらんでいます。そこで今回、「仕事における麻雀の効用」「麻雀に学ぶ人付き合い」について、ひもといてみたいと思います。

1:相手がいないと成り立たない

基本的に4人で卓を囲む麻雀は、メンバー(メンツ)がそろわないと遊べないゲームです。現在、オンラインゲームが流行していて、ネット上ではいくらでも相手を探すことができますが、リアルの麻雀ではそうもいきません。人を探して、それぞれの都合を合わせて、というのはなかなかに大変。

仲間や相手がいないと成り立たないというのは、ビジネスも同様。「何事も自分ひとりではできない。チームがそろって初めてエンジョイすることができる」という真実を、麻雀は教えてくれます。

次ページそれ以外の3つの特徴は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。