心が強い人は「不安は妄想」だと知っている

実体のないものに反応するのはムダ!

不安の感情にどう対応するか。ブッダの超合理的な考え方を紹介します(写真:Sutichak / PIXTA)
「現代に生かせる智恵」が、2500年前からある原始仏典には凝縮されています。現代人の誰もが抱える「不安」についての解決策も書いてあります。
心配事があったり、将来が見えないために「自分に自信が持てない」と思っている人への処方箋も、もちろん書かれています。
中卒→大検→東大→永田町シンクタンク勤務→インドで得度という経歴を持つ独立派・出家僧の草薙龍瞬氏(近著に『反応しない練習』がある)が、今回は不安という感情の扱い方について語ります。
前回記事:心が強い人が持つ「他人に反応しない」技術

 

「失敗したらどうしよう」「先が見えなくて不安」「私なんてまだまだ……」

こうした思いが邪魔をして、実力を発揮できなかったり、せっかくのチャンスを潰してしまったり。「もっと自分に自信があれば」と考えることもよくあります。しかしブッダが教えるのは、意外な解決策です。

本当は、自信なんて「いらない」。

不安は、“練習”次第で解消できる。

心の状態を「理解」してから「合理的に考える」ことで、「自信家」以上の成果を出せる――そんな驚きの智恵を、ブッダは教えてくれます。

不安の正体、わかっていますか?

そもそも「不安」とは何でしょうか。先のことをネガティブに――失敗するとか、笑われるとか――考えることでしょう。そういう「アタマの中の想像事」は、すべて「妄想である」(!)と、ブッダは理解します。まずこれを理解するところから始めてみます。

ブッダの教えの特色は、人の精神状態(アタマの中身)を、「心の反応」によってわかりやすく「分類」することです。つまり、悩みを抱えたアタマの中を、

(1)貪欲(過剰な欲求。現状以上に求めてしまう心)
(2)怒り(不快感・不満)
(3)妄想(アタマの中で考えること。過去を思い出す・将来を想像することなど)

 

という“3つの反応”によって区別するのです。

次ページそれもこれも妄想
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT