心が強い人は「不安は妄想」だと知っている

実体のないものに反応するのはムダ!

(3)の“見通し”こそが「自信」です。こうしてみると、本当の自信は、「できる」という判断・妄想ではなく、「やってみる」その先に来るものだとわかりますね。

「まずやってみる」というシンプルな生き方

「やってみるというのが難しいのです」「つい足踏みしてしまいます」という人がいます。気持ちはよくわかりますが、そんな人こそ「これは妄想なんだ」と理解するように努めてください。

「やってみる」という行動を妨げているのは、「失敗するかも」「迷惑をかけるかも」「私なんてまだまだ」といった判断・妄想にほかなりません。それこそが「心の反応のクセ」。だからこそ「妄想しない練習」をこれから始めるのです。

妄想しない。まずやってみる。

これが「自信をつける」正しい方法・王道です。まさに禅の世界にいう「とらわれのない心」です。これまで「仏教」「禅」という特殊な世界で語られてきたことですが、「ムダな反応をせず、心をクリアに保つことで、心の能力(パフォーマンス)を上げる」というのは、現代人に欠かせないメンタルトレーニング(心の練習)でもあるのです。

妄想にとらわれない心なら、物事がシンプルに進みます。

何をすればいいかわからなければ、「何をすればいいですか?」、やり方がわからなければ、「どうすればいいですか?」と聞くだけです。

教えてくれれば「ありがとうございます」。迷惑をかけたら、「すみません」と素直に謝るだけです。

そして「頑張ります」という最初の思いに立ちます。

あとは、妄想しない心で、どれだけ作業に集中できるかにチャレンジします。

初心に立ち返って「やってみる」。その積み重ねの先に「これならできる」という“見通し”がつけられるようになる。そのときの思いを「自信」と表現するのです。

「不安」は妄想です。ムダな反応にとらわれずに、シンプルに進んでいきたいものですね。 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT