心が強い人は「不安は妄想」だと知っている

実体のないものに反応するのはムダ!

人は、できるかどうか、成果が出るか否か、あれこれと将来のことを予測・判断したがります。しかし結果が見えるのは「先の話」。それを今の時点でわざわざ考えようとすることは、「ムダな反応」ではないでしょうか。

本当の自信はどうやって育つか?

また、仮に一度は成功したとしても、状況はつねに変わります。次もうまくできるとは限りません。「自信がついた」といっても、その自信は次の状況には通用しないものなのです。「え? こんなはずじゃないのに(自信があったのに……)」と戸惑うことは、ビジネスでもスポーツの世界でもよくある話です。

「自信を持ちたい」という発想自体が、人が期待するほど合理的ではないのです。

では、仏教には「自信」なるものがないかというと、そうではありません。ただもっと合理的に、確実に「自信に導く考え方」をします。

ブッダが教える「正しい自信のつけかた」をまとめてみましょう。

ひとつ目は、「妄想しない練習」をすること。これは先ほどお伝えした「妄想という心の状態を客観的に理解する」訓練です。そのために瞑想タイム――心の状態を見る時間――を生活習慣にしてしまうこと。これは続ければ続けるほど、効果を発揮します。

不安という「妄想」を取り除いていくと、自然に残るものがあります。それが「行動」です。「やってみる」ということです。逆にこれを欠いたところでは何も始まりません。

つまり自信の“本質”とは「やってみる」ことなのです。

さて、ブッダが教える、正しい行動の順序は次のとおりです。

 (1)やってみる(体験を積む)
⇒(2)ある程度の成果を出せるようになる(周囲が認めてくれるようになる)
⇒(3)「こう動けば、ある程度の成果が出せる」という“見通し”がつくようになる

 

どんな世界でも、(1)の積み重ね。(2)の「成果」が出るまで時間が必要になります。その途中に出てくる「本当にうまく行くのだろうか」という不安が、まさに妄想。ほんとはその妄想に反応しないで、ただ「やってみる」の連続だけでいいのです。

次ページ心をクリアにすればうまくいく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT