ゲーム世界の「褒め方」は極めて合理的だった

仕事人にも役立つ「リアクションの本質」

ゲーム世界の”リアクション”には学ぶところが多くあります(写真:ロイター/アフロ)

全世界の人々が熱中するビデオゲーム。2015年には世界市場で915億ドルにも達するといわれています(スマホゲームも含む)。ビデオゲームは、誕生して半世紀足らずで、なくてはならないエンタテインメント産業のひとつとなりました。

また、7月には中国政府が一部にしか認められていなかった家庭用ゲーム機の製造・販売を全国的に解禁するなど、今後もさらに大きな成長が望めます。

しかし、これだけ巨大な産業になったにもかかわらず、「ゲーム作りの技術」は、ほとんど一般には公開されてきませんでした。ゲームは「総合芸術」といわれるほど複雑なもので、コンピュータ産業はもちろんのこと、映画産業・軍事産業・数学・物理学・心理学・文学など、さまざまな業種の技術がギッシリと詰まっています。

そこで、現役でゲーム開発に携わっている筆者が、その隠された技術を、ちょっとだけ、お教えします。今回ご紹介するのは、ゲームをもっと面白くし、さらに会社などリアルな場での対人関係をよりスムーズにする「リアクションの技術」です。

会社で複雑なオペレーションを覚えたり教えたり、情報伝達のコミュニケーションがうまくいかず困ったことはありませんか? この技術は、人と人の相互理解を促す技術です。ゲームだけでなく、あらゆるエンタテインメントに、そして、ビジネスにおいても応用が可能です。

ゲームはアクションとリアクションでできている

プレイヤーに「おもしろい体験」を提供できるゲームには、基本の部分に必ず共通の要素があります。それは、「アクションに対して明確に適したリアクションを返す」という技術です。シンプルなゲームほど、この技術が重要になります。

例えば、剣を使って敵を倒して勝利するというアクションゲームの場合、プレイヤーが剣を振って敵にヒットさせたときには、敵が痛がっていることがわかるように「ダメージリアクション」が必要です。このリアクションがなければ、プレイヤーは敵にダメージを与えられたのかわからなくなります。

画像を拡大
大野氏の著書『3Dゲームをおもしろくする技術』より抜粋
次ページ細部まで計算されたリアクション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT