ゲーム世界の「褒め方」は極めて合理的だった

仕事人にも役立つ「リアクションの本質」

ゲームの場合、現実世界とは違い、とにかく「ポジティブなリアクション」に重点をおいています。ゲーム内のコインをプレゼントしたり、ファンファーレを鳴らしたりと、ありとあらゆる方法で、プレイヤーが行動したリスクに見合った分だけ「よくできました!」と褒めてあげます。

褒め方もしかり方も絶妙

例えば、ひとつのステージに10個のチャレンジがあれば、10回褒めてあげます。ゴールまで辿り着いたら、盛大に褒めてあげます。ゲームは、プレイヤーを褒めて褒めて伸ばすのです。

逆にプレイヤーに不利益になるような行動をした場合は、「ネガティブなリアクション」を返します。しかし、ゲームは「お前はダメだ」なんて言いません。ちょっとだけブザー音を鳴らすなど、プレイヤーが行った「アクション」にのみ注意するように設計します。

現代社会で、本当に心の底から褒められることは、あまりありません。それは、「褒める」ことがとても繊細な行為であり、また精神力も使うからです。しかし、疲れ知らずのコンピュータで動くゲームでは、プログラムによって、プレイヤーを的確なタイミングで褒め続けることができます。これこそが、老若男女、全世界のプレイヤーをゲームが熱中させる仕組みに他なりません。

さて、お子さんをお持ちの親御さんは、この話を聞いて思わず「え、それなら、ずっとゲームに熱中したままになるんじゃないの?」と心配になるかもしれません。そこは大丈夫です。どんなにゲーム開発者が頑張っても、「永久にプレイヤーを飽きさせずに褒め続ける方法はない」からです。ゲームは、必ず飽きます。そこが、人のコミュニケーションとは違う点です。人のコミュニケーションは、時間を掛ければ、ときには深く、そして相互に理解しあえるかもしれません。

しかし、人と人のコミュニケーションは、ビジネスなど緊張する場面では精神的に疲れることもあります。そこで、ゲームの技術と人のコミュニケーションを組み合わせることで、お互いを楽しく理解し合える「場」を作る方法をご紹介しましょう。

これまで紹介した「ゲームをおもしろくするリアクションの技術」は、会社での仕事の仕組みや流れを教えるのにも役立ちます。

次ページ会社生活にも応用できる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT