グリー、スマホゲームで味わう生みの苦しみ 急成長から急降下、そして上場来初の赤字

拡大
縮小
2015年6月期は上場来初の最終赤字に転落した(撮影:今井康一)

3年前に携帯電話向けゲームのヒットで479億円の最終利益をたたき出したグリー。が、8月5日に発表した2015年6月期の決算は、営業利益が前期比で約4割も減少。351億円の減損損失が響き、上場来初の最終赤字に転落した。

今回の減損で大きいのは、2011年と2012年に傘下に収めた、米国ゲーム会社2社ののれん代だ。買収当初に想定した収益が上がらず、成長軌道に乗せられていない。拠点縮小によるリストラを実施したほか、海外ゲームの運用を国内に一部移管するなど、戦線を大幅に縮小した。

復活の手がかりをつかめず

業績が下降線をたどる中、海外より深刻なのは、主戦場の国内で復活の手掛かりをつかめていない点にある。

決算説明会でネイティブゲーム開発の強化を強調した田中良和社長

同社は『釣り★スタ』や『探検ドリランド』など、自社のプラットフォーム上で提供する、ブラウザゲームで急成長を遂げてきた。が、スマートフォンの普及で、アップルやグーグルのプラットフォーム上でゲームを配信する、ネイティブゲームが台頭。こうした事業環境の変化への対応が遅れ、ヒットを出せていないのが最大の課題だ。

創業者の田中良和社長が、「この1年間はネイティブゲームを作っていける体制を整えてきた」と言うように、目下、大掛かりな構造転換を図っている。2014年8月、従来300人規模だったネイティブゲーム事業の陣容を3倍の1000人体制にする、と表明。従業員1882人のうち、主力のブラウザゲーム事業に735人が張り付く、開発体制の見直しを断行した。

次ページ自社製ゲームへのこだわり
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT