大野 功二(おおの こうじ)
ゲームプランナー

フリーのゲームプランナー、開発プロジェクトコンサルタント。その他にも、フリープログラマー、フリーライター業などを掛け持つ。PCゲームやPlayStation 3、Nintendo Wiiなどのコンシューマーゲームにおいて、オリジナルゲーム作品から、有名アニメおよびスポーツ版権タイトルのゲーム制作まで多数参加。現在は、Unity Technologies Japanにてインディーゲームのポーティングディレクター、QAマネジャーとして担当している。また、研究開発にも力をいれており、その成果として日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC」に参加。2008年の「ニューラルネットワークとゲームAI」を皮切りに2010 年まで講師として活躍している。2015年には著書『3Dゲームをおもしろくする技術』がCEDEC AWARD 2015 著述賞を受賞。

著書には『3Dゲームをおもしろくする技術』『Unityではじめる2Dゲーム作り徹底ガイド』『2Dゲームをおもしろくする技術 スタートダッシュ編』などがある。また、ゲーム開発だけでなく、ゲーム技術を用いたデジタルサイネージおよびデジタルアートへの応用研究開発、VR・AR・MR研究など、活動の幅を広げている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT