トランプに描かれる、人間の変わらない本質

英雄は「富」にも「愛」にも貪欲だ

計53枚のカードでさまざまな遊びができるトランプの歴史は1000年以上とされている(写真:YNS / PIXTA)

来週はお盆。学校も夏休みのこの時期、旅行に出かけたり、帰省したりする人も少なくないだろう。そんな長旅のときに、トランプ遊びでついつい盛り上がってしまったことはないだろうか。

あえて説明する必要もないかもしれないが、トランプとは、スペード、ハート、クラブ、ダイヤの4種類のマークの13枚の札とジョーカー1枚の計53枚を一組として、さまざまなゲームが楽しめる室内遊戯具だ。このトランプに実は知られざる物語が隠されているのをご存じだろうか?

まずは、絵札に注目してほしい。キング(K)、クイーン(Q)、ジャック(J)の3種類にそれぞれスペード、ハート、クラブ、ダイヤのマークの計12枚がある。ただ、たとえば同じジャックでもよく見るとマークによって、右を向いていたり左を向いていたり斜めを見ていたりと、顔の向きがバラバラになっている。

この差はいったい何なのだろうか。TBSテレビ『この差って何ですか?』(次回は8月9日<日>よる7時から放送)取材班は、大阪商業大学アミューズメント産業研究所の高橋浩徳さんに話を聞いた。

トランプの絵札にみる人生観の差

高橋氏によると、「そもそもトランプの起源は10世紀頃の中国だといわれていて、その歴史は大変古く、トランプの絵柄に関する文献は残っていない」という。そのため「あくまでも後世の人間が想像した説にすぎませんが……」と、前置きしたうえで、大変興味深い話を教えてくれた。

実は、カードのマークにはそれぞれ意味がある。

ハート「愛」

ダイヤ「おカネ」

クラブ「学問」

スペード「死」

をそれぞれ象徴している。そして、キング、クイーン、ジャックそれぞれの顔の向きが違うのは、カードのマークを象徴するものが好きか嫌いかの差になっているというのだ。

次ページジャックを例に見てみると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT