小学生がネット検索で調べまくる謎の人物

「嵐」や「AKB48」よりも関心が高いのはなぜ?

親も知らないあの人のことを調べています(写真 : すなべしょう / PIXTA)
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような"世にも不思議なランキング"がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(原則として毎週月曜よる7時<一部地域はよる8時>放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 

まずは取材班が見つけた、こちらのランキングをご覧いただきたい。インターネット総合サービス大手、ヤフー(Yahoo!)が小学生向けに開設しているポータルサイト「Yahoo!きっず」にまつわるものだ。

■小学生のネット検索数が多い人物ランキング
1位 織田信長
2位 ????
3位 聖徳太子
4位 嵐   
5位 徳川家康
(出典:Yahoo!きっず検索ランキング)

 

全体を通してみると、歴史的な偉人が多数ランクインしている。どれも小学校の教科書に載っているような有名人物たちだ。学校や塾の授業、宿題などに関連しているのだろうか。4位はジャニーズの大人気アイドルグループ「嵐」。おそらく女子を中心としているのだろう。小学生にも関心が高い。

一方、2位はいったい誰だろうか?歴史的な人物の線だと、織田信長、徳川家康と来て、豊臣秀吉か?それともアイドルの線だと、女性アイドルグループで、圧倒的人気の「AKB48」だろうか?

両方とも違う。答えは「ルイ・ブライユ」だ。

ん? ルイ・ブライユ? いったい誰だ?読者のみなさんはおわかりになっただろうか。われわれ取材班は誰もが知らなかった。もちろん、テレビ番組に出演する人気アイドルでもない。いったいどういうことだろうか。詳しく調べてみることにした。

次ページ「ルイ・ブライユ」の正体とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT