人の心を動かす応対は、松下幸之助に学べ

肩書きで人を評価することはなかった

松下は肩書に関係なく、相手を称えることを惜しまなかった(写真:Syda Productions / PIXTA)

なかなか松下幸之助のように人を感動させられるものではない。

なぜ、人は感動してくれないのだろうか。こちらの地位がさほど高くないからだろうか。いや、それならば松下はもともと名声も地位もカネもない、およそゼロからのスタートであった。ほめ方が足りないのだろうか。あるいは熱意が足りないのだろうか……。松下の言葉がヒントを与えてくれるかもしれない。

「ほめるときに、相手の本質をどう評価しておるかということや。その人の本質をまったく評価しておらん、これはどうにもならん奴だと考えて、でもほめんといかんからということで、ほめる。しかしこれでは、ほめるということにはならんわな」

口先だけでほめても意味がない

根底のところで、この人は馬鹿だと思いながら、口先だけでほめたとしても、決してほめるということにはならない。人は相手の心の動きを敏感に感じとってしまうものである。嘘はすぐに見抜かれる。

松下はいつも、この人は自分よりもいい面を持っている、相当な力を持っている人だ、とその人の本質を見つめて接していた。それが、ほめるということである。

次ページ口だけでほめても相手には響かない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。