人の心を動かす応対は、松下幸之助に学べ

肩書きで人を評価することはなかった

松下は肩書に関係なく、相手を称えることを惜しまなかった(写真:Syda Productions / PIXTA)

なかなか松下幸之助のように人を感動させられるものではない。

なぜ、人は感動してくれないのだろうか。こちらの地位がさほど高くないからだろうか。いや、それならば松下はもともと名声も地位もカネもない、およそゼロからのスタートであった。ほめ方が足りないのだろうか。あるいは熱意が足りないのだろうか……。松下の言葉がヒントを与えてくれるかもしれない。

「ほめるときに、相手の本質をどう評価しておるかということや。その人の本質をまったく評価しておらん、これはどうにもならん奴だと考えて、でもほめんといかんからということで、ほめる。しかしこれでは、ほめるということにはならんわな」

口先だけでほめても意味がない

根底のところで、この人は馬鹿だと思いながら、口先だけでほめたとしても、決してほめるということにはならない。人は相手の心の動きを敏感に感じとってしまうものである。嘘はすぐに見抜かれる。

松下はいつも、この人は自分よりもいい面を持っている、相当な力を持っている人だ、とその人の本質を見つめて接していた。それが、ほめるということである。

次ページ口だけでほめても相手には響かない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。