感動を与えれば、社員は苦を感じずに働く

松下幸之助が考えた「上司と部下の関係論」

「きみの声を聞きたかったんだ」と言えますか(写真 : msv / PIXTA)

松下幸之助と一緒に仕事をした23年間、特に真ん中の15年間は年間の休みが20日間ほどしかなかった。1カ月に2日休めるかどうかで、4カ月連続して休みがなかったこともあったし、土曜も日曜もないということは普通であった。

年末は12月31日の夜10時まで、西宮の家にいることが多く、「この1年間、大変お世話になりました。また来年もよろしくお願いします」とあいさつをすると、「きみ、この1年間ご苦労さんやったな。けどな、明日はきみ、来んでええで」という様子であった。元旦と2日を休むと、3日にはもう呼び出しがある。

「そのような毎日でした」と話をすると、多くの人から「大変でしたねえ」と言われる。

ところが、今振り返ってみても、苦しいとかつらいといったことは全然なかった。それどころか、実に楽しい23年間だった。というのは、松下幸之助と仕事をすると、感動、感動、感動の連続、喜び、喜び、喜びの連続だったからだ。

しょっちゅう電話を掛けてきた

松下はよく電話をかけてきた。朝となく、昼となく。あるときなどは1日に8回かかってきたこともあった。こちらからもその返事をするから、あわせて12~13回になっただろう。その日、朝早く家を出てから夜遅くまで、1日中電話をしあっていたことになる。ほとんど毎日、直接会って話をしているのに、それでもさらに電話がかかってきた。

土曜も日曜も関係なかった。その電話で呼び出され、たいていの場合、夕方の6時半とか7時ごろに参上して、いろいろ話をすることになった。

月に何回かは、夜中の1時半とか2時にかかってきた。朝早いときには4時、5時に、「いまから来い」と言われて、あたふたとすることも度々あった。特に、冬の寒いときの朝4時は正直つらかった。

次ページ喜びと感激を味わうことができた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。