松下幸之助は、どう客をもてなしていたのか

熱意・誠実・素直さは、成功のトライアングル

松下幸之助の「もてなし方」とは?(写真:monjiro / PIXTA)

私が松下幸之助に惹かれた理由のひとつに誠実さがある。

もともと体の強くない松下は、少し寒くなるとよく風邪気味になっていた。体温が36.4度くらいになる。だいたい35.8度くらいが平熱であったため、これはすでに微熱であった。そういうときにたまたまお客さまと約束があり、接待をしなければならないのだが、そばで見ていても非常に苦しそうなことがあった。

松下は、お客さまとの約束の1時間ほど前には真々庵(京都の私邸)にやって来て、接待の準備に取りかかる。しかし、どうにも体調がよくなさそうで、どことなく機嫌もよくないというような状態である。私は「大丈夫ですか? もうお帰りになったほうがよろしいのではないですか。今日は事情をお話して、お客さまはわれわれがご案内しますから、お休みになってはいかがですか」と言ってみるのだが、松下は「いや、まあ……、帰るというても……、まあ今から相手さんに連絡を入れても、もう家を出てはるやろう……」などと言って、どうもはっきりしない様子である。

そうこうしているうちに、予定通りお客さまがおいでになった。

お客さまがいらっしゃると……

しかし「お客さまがいらっしゃいました」と連絡が入ると、その瞬間から松下の雰囲気が一瞬にして変わってしまった。ぱっと立つと「迎えに出る。わし、行くわ」と言うのである。その姿は、この人が今まで「どうしようか、熱があってたいへんや。かなわん、だるい」というような雰囲気だった人と同一人物だろうかと、疑いたくなるくらい、にこにこしている。

お客さまと話をして、「じゃ、庭でも歩きましょうか」と真々庵の庭に出て、ご案内を始めた。さらに茶室でお抹茶を飲み、またサロンに戻って談笑をする。そうやって1時間半くらいの時間をかけてお客さまをもてなすのである。その間、松下はにこにことして元気もいい。私は内心、熱がとれたのかなと思っていた。やがてお客さまがお帰りになることになり、松下はいつものようにお見送りをした。

次ページお客さまが見えなくなると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT