松下幸之助の「感謝の心」は自然と伝わった

PHPが支払う給料にも心から感謝

松下は、つねに感謝の心を忘れなかった(写真 : xiangtao / PIXTA)

「きみ、わしにこんなにくれんでもええよ。わしは何もしておらん。きみたちが一生懸命に力を合わせて成果をあげておるのだから。けど、ありがたいことや。こうやってきみたちから手当をもらうことは」

松下幸之助は毎月そう言いながら、PHP総合研究所からのわずかばかりの給料を受け取ってくれた。それは、本当にわずかな額であった。しかも、いつも松下は私が手渡した給料袋を両手に挟んでなでていた。

松下の指示と助言がPHPを導いた

「何もしておらん」などということはない。常々細かい指示を出し、指導をしながら今日のPHP総合研究所を築きあげてきた。松下の書いたベストセラーがなければ、これほど出版活動がスムーズに始められることもなかった。松下の的確な指示と助言がなければ、発展はなかった。第一、私自身、松下の助言がなければ、経営をすすめていくことはできなかった。松下が薄い給料袋をそのように遠慮がちに受け取る必要はまったくなかったのだ。

だから私は、毎月のそのような言葉と態度に恐縮しながら、「本当にありがたい」と思ってくれる松下の心が感じられて、いつも感激した。

次ページ事業が成功した理由は自分の力ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。