松下幸之助の「感謝の心」は自然と伝わった

PHPが支払う給料にも心から感謝

松下は、つねに感謝の心を忘れなかった(写真 : xiangtao / PIXTA)

「きみ、わしにこんなにくれんでもええよ。わしは何もしておらん。きみたちが一生懸命に力を合わせて成果をあげておるのだから。けど、ありがたいことや。こうやってきみたちから手当をもらうことは」

松下幸之助は毎月そう言いながら、PHP総合研究所からのわずかばかりの給料を受け取ってくれた。それは、本当にわずかな額であった。しかも、いつも松下は私が手渡した給料袋を両手に挟んでなでていた。

松下の指示と助言がPHPを導いた

「何もしておらん」などということはない。常々細かい指示を出し、指導をしながら今日のPHP総合研究所を築きあげてきた。松下の書いたベストセラーがなければ、これほど出版活動がスムーズに始められることもなかった。松下の的確な指示と助言がなければ、発展はなかった。第一、私自身、松下の助言がなければ、経営をすすめていくことはできなかった。松下が薄い給料袋をそのように遠慮がちに受け取る必要はまったくなかったのだ。

だから私は、毎月のそのような言葉と態度に恐縮しながら、「本当にありがたい」と思ってくれる松下の心が感じられて、いつも感激した。

次ページ事業が成功した理由は自分の力ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。