松下幸之助の至言「反省する人は成功する」

寝る前の一時間はその日の反省を

一日の終わりに松下がすることとは(写真:bee / PIXTA)

「誰でもそうやけど、反省する人はきっと成功するな。本当に正しく反省する。そうすると次になにをすべきか、なにをしたらいかんか、ということがきちんとわかるからな。それで成長していくわけや、人間として。けど、反省せんと、そういうことがわからへんからな。同じことをするわけや。間違いを繰り返すということやな」

松下幸之助は、一日の終わり、布団に入って、暫くは、その日の反省に当てよと言っていた。松下自身、その日あったことを思いめぐらし、あれは、こうすればよかった、あれは、ああいうことでうまくいった、など考えながら、良くなかったことは、次はこうしよう、こうすればうまくいくかもしれないと考え、うまくいったことは、次にはもっとよくするためには、どうすればいいか、こういうやり方でやれば、さらにうまくいくかもしれない、などと振り返っていたようである。

寝床に入ったら1時間は反省をする

ある時「きみ、夜、寝床に入ったら、すぐ眠るんか」と聞く。

「ええ、すぐ眠ってしまいます」と、答えた。すぐ眠れることが、健康の証拠と日ごろ自慢していたから、即答すると、意外な言葉を松下が笑顔で言い出した。

「きみ、それもいいけどな、寝床に入ったら、1時間は眠らずに、その日あったことを振り返り、反省せんといかんな」と言う。

次ページ反省によって次に生かす方法を思いつく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。