幸之助は「ちょっとした言葉」が秀逸だった

疲れを吹き飛ばす感謝の言葉と行動

松下幸之助は感謝の言葉が秀逸だった(写真:sting / PIXTA)

松下幸之助には、人の喜んでいる様を見て喜ぶというところがあった。自分ひとりが喜ぶよりも、他人を喜ばせることに嬉しさを感じているというような人だった。それは毎日会っているような、身近な相手に対しても同じであった。私も、とにかく感動を与えられることが非常に多かった。

私は、だいたい毎日、松下幸之助と会って話をしていた。土曜日の朝、家で寝ていると電話がかかってくる。「いまから、来ないか」と言う。

出かけて話していると、「明日も来いや」となる。平日も、夕方5時ごろになると電話が入り、「いまから来い」と言う。それでバタバタとその日の仕事の後始末をして出かけていくのだが、それからずっと話をしているので、帰るのは夜10時とか11時。深夜になることも度々であった。

食事を一緒にして、その後は深夜まで

たいていは夜7時ぐらいに松下のところに着く。食事の準備をして待ってくれている。一緒に食事をして、会社のこと、仕事のこと、政治のことなどさまざまな話をする。9時ごろになると松下が「ベッドで横になる」と言う。そのとき、私は内心そろそろ帰りたいと思っているので、「じゃ、私はこれで」と言うのだが、松下は「きみ、何か用事があるんか」と訊くのである。夜の9時から用事があるわけもない。「別にありませんけれど、あまり遅くなっても…」と答えると、「いや、わしゃ、かまへんで」。

そう言われると、私はベッドの横の背もたれのない椅子に座って、内心また1時間はここにいることになったな、などと思う。この時間になると、松下との話も雑談になっている。テレビを見ながら「このタレントは誰や」とか、ボクシングで「これはどこの選手や」とか。

次ページ夜10時半、帰ろうとすると・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT