松下幸之助の至言「反省する人は成功する」

寝る前の一時間はその日の反省を

「夜、寝床に入ったら、すぐ眠るんか」(写真:farmer / PIXTA)

なるほど、そうかもしれないと、それから数回心掛けたが、どうも反省しようとする気持ちが弱かったのか、若い頃の私は、試みても試みても、5分も持たず、寝入ってしまい、反省どころか、夢のなかを漂う始末であった。ようやく、この頃、床に入ると、暫く、今日一日の出来事を思い巡らすことが出来るようになったが、正直、遅きに失していると認めざるを得ない。

ところで、松下の反省とは、よくないことを思い起こし、自分の失敗の対策、あるいは心改めることばかりをいうのではない。よくないことはもちろんのこと、よいことも振り返り、次に生かす方法、対応、態度を考える、思うということである。それが松下の言う「反省」と言うことである。なにをしても反省せず、あれはよかったのか、悪かったのかということを思いもしないということでは、せっかくの体験が生きた体験にならない。それを確かめる。それによって、体験が生きるのである。松下の「反省」は、さまざまに及ぶ。

吾日三省吾身

『論語』に「吾日三省吾身」とある。ここから「三省堂」という書店名が出たという。それはともかく、「吾、日に三つのわが身を省みる。人の為に謀りて忠ならざるか。朋友と交わりて信ならざるか。伝えられて習わざるか」の孔子の高弟、曽子の言葉はあまりにも有名。ここでは人、友人、勉強という三つに絞られているが、反省は、これに限られることはない。松下の言うように、一日を振り返り、いろいろなことを思い起こすべきであろう。

とにかく、ひとつの出来事に考えをめぐらし、自分の大切な蓄積としていかなければ、また、同じことを繰り返す。そこに成長も向上も生まれない。そして、同じ間違えを繰り返すことができるほど、人生は長くないことは知っておいたほうがいいだろう。

愚かなことは、間違ったことをするのではなく、同じ間違いを繰り返すということである。また、たとえ、うまくいったことも、同じことを繰り返していけば、さらに大きな成功も得られないばかりか、逆に、その成功が、自己破滅の道を歩み始め、失敗の原因と化してしまうことにもなる。

反省してみて、いいことを覚えておいて、さらによくする工夫をして、次もやってみたらいい。好ましくないことは、次には改善してやってみたらいい。そこに、人間としての知恵がある。人間の成長というものがあるのではないだろうか。

次ページ一日も欠かさないことの重要性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT