松下幸之助の至言「反省する人は成功する」

寝る前の一時間はその日の反省を

一日を顧みることは誰にでもできる。まことに平凡なことと言えるだろう。だが、毎日、一日も欠かさずということは、なかなか至難であることは、実感している。しかし、その至難を克服して、積み重ねていくことによって、非凡なものになっていく。

今日一日を振り返ってみると、反省することがいくらでもある。その反省に徹したとき、あらゆる面において自己革新が生まれてくるのである。

反省とは「ねぎらい」でもある

反省とは、また別な言葉で言えば、その日一日の自分に対しての「ねぎらい」でもあろう。あれはよかった。よく頑張った。あれは、よくなかった。次は頑張ろう。反省する時間は、自分に対するねぎらいの時間でもある。そう考えれば、ゆったりとした心持で、一日を振りかえることができるに違いない。反省して、次を考える。次を考えて、実践し、また反省して、次を考える。人間は、こうして松下幸之助と言う人は、成長、向上していったのであろう。

さらに、反省するところからは、おのずと「感謝報恩の念」も湧いてくる。ああ、あれがうまくいったのも、あの人が力を貸してくれたからだった。その時は気づかなかったけれど、そう言えば、あの人があの時、手を貸してくれていなかったらうまくいかなかった。有難いと感謝の思いがふつふつと湧いてくる。あの一言で、事がうまくいった。有難かったな、と思う。あるいは、うまくいかなかったけれど、この程度で済んだのは、あの人の力添えがあったからだ。そうだ、あの人に、明日、お礼を言おう。

だから、反省をすれば、おのずと、そういう感謝の思いも湧いてくる。感謝の念を持てば、また多くの人が助けてくれる。お互い、反省したり、感謝報恩の念を持ったり、ということを日々のこととして心掛けたい。

反省することによって、さらなる成功の道を見つけ出し、また、感謝の念が生まれることによって、多くの人が協力してくれるようになる。

要は、寝る前の1時間の反省が、人生の、あるいは経営の、仕事の、成功につながるということである。反省は成功の基であり、成功の母でもあるということを知っておきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT