心が強い人が持つ「他人に反応しない」技術

もう、ムダに反応するのはやめなさい

(写真:khunaspix / PIXTA)
SNSが広く普及して「他人からの反応」がすぐに得られる世の中になりました。そうでなくても会社では、周りからの評価、上司からの査定、競争相手、仕事の期日……などを気にする毎日。
実はそんな「反応しまくる生活」こそが、あらゆる悩みの根源になっています。そして実は、そんな日常への対応策は2500年前(!)に既に語られていました。そう悟った人・ブッダは、こんな「超クールな考え方」を教えてくれます。中卒→大検→東大→永田町シンクタンク勤務→インドで得度という経歴を持つ独立派・出家僧、草薙龍瞬氏が語ります。

ビジネスの現場では、「結果」がシビアに求められます。上司の評価、会社の査定、周囲の評判……どうしたって気になるものです。だから世間には、成果を上げるスキルや能力アップのノウハウがあふれているし、「認められるために頑張らなければ」という思いで、みんな必死に働いています。

そんな日常の合間につい開くのが、パソコンやスマホ。疲れが癒やされるどころか、「ネットサーフィンでアタマがボーッとする」「SNSを眺めたあとに寂しさを感じる」「フォロワー数やいいね!の数が気になって疲れてしまう」こともしばしばですよね。

まさに、仕事でもプライベートでもストレスやモヤモヤが溜まる毎日。こうした現代人の悩みをすっきり解消できる方法を、2500年前のインドの賢者“ブッダ”は教えてくれます。

アドラーの考え、ブッダの考え

最初に「承認欲」――認められたい願望――について考えてみましょう。

なぜなら、実はこれが、現代人のあらゆる悩みのタネだからです。承認欲が強いばかりに勝ち負け・優劣を気にする人や、「評価されたいけど、自分にはそれだけの能力がない。だから自分がキライだ」という人が大勢いるわけです。

次ページ「認められたい」気持ちを否定しない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。