女子大生悩む!「とにかく自信がありません」

まずは"自分の二重構造"を理解しよう

この記事は、テレビ、ラジオなど各種メディアで活躍する精神科医・名越康文の公式メルマガ「生きるための対話」からお届けしています。(写真:tooru sasaki / PIXTA)
[Q] 自分に自信が持てません
大学生女子です。自分に自信が持てません。
何かを発言しようと思っても、無視されたらと思うと、自信がなくなって積極的になれません。授業でプレゼンをした時も途中で自分の言っていることに自信がなくなり訳がわからなくなって、同じグループの他の人に途中から代わってもらいました。
どうすればもっと自信をもって自分の意見が言えるようになりますか?

 

[A] 2種類の「自分」のどちらを信じるか

自信というのは「自分を信じる」と書きますので、「自信がない」というのは「自分を信じることができない」ということになります。ではなぜ「自分を信じる」ことができないのか。それは「自分」についても、また「信じる」ということについても、ほとんど何も、正確なことを知らないからです。それはあなただけではありません。

多くの人が漠然と「自信が持てないなあ」という悩みを抱きながらも、改めて「自分って何なんなのか?」「信じるってどういうことか?」ということを問われると、絶句してしまう。それくらい僕らは「自分」についても、「信じる」についても、何も知らないのです。

「自分」が持つ二重構造

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

まず「自分」について。僕の心理学では、『自分』には二重構造があると考えます。普段、あなたが実感している「自分」というのは、表層にある自分。それは「心」と言い換えることもできます。

心は常に感情的で、揺れ動いています。嫌なことがあれば動揺し、一人で考え事をしては、不安にさいなまれている。『自分』の表層には、そういう不安定で、感情的な「自分」がいるのです。

多くの人は「自分」というと、この「自分の心」をイメージします。そんな不安定で、頼りないものを「自分」だと思っているうちは、どうしたって確固たる「自信」を持つことはできません。

次ページもう一人の「自分」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT